By: zoovroo

日本のコンピュータ業界に多大なる影響と功績を残して、石田晴久氏が亡くなりました。

By: zoovroo

「K&R」の愛称で知られる教科書『プログラミング言語C』の翻訳などを通して、日本におけるUNIXオペレーティングシステムおよびC言語の普及に大きく寄与し、インターネットの礎に多大な貢献のあった東京大学名誉教授の石田晴久氏が3月9日、心筋梗塞のため東京都内の病院で死去した。 72歳だった。通夜、葬儀・告別式は近親者のみで行う。
Codezineより抜粋
氏が翻訳した『プログラミング言語C』(1981年)や、『UNIXプログラミング環境』(1985年)はC言語やUNIX環境でのプログラミングを学ぶ上では「標準教科書」であり、この書籍が日本でのC言語やUNIXの普及に大きく貢献したのは言うまでもない。
プログラミング言語C 第2版 ANSI規格準拠

プログラミング言語C 第2版 ANSI規格準拠

B.W. カーニハン, D.M. リッチー
3,080円(08/15 09:57時点)
発売日: 1989/06/15
Amazonの情報を掲載しています

私も氏が翻訳した『プログラミング言語C』や氏が著者である「Cプログラミング入門 」でC言語を勉強した一人である。
Cプログラミング入門

Cプログラミング入門

晴久, 石田
2,200円(08/15 09:57時点)
発売日: 1988/08/10
Amazonの情報を掲載しています

他にも氏の書籍には随分とお世話になった。あの頃、私が購入したコンピュータ系書籍の多くに「石田晴久」の名前があったように記憶している。
精力的にコンピュータの普及を推進し、インターネットの普及へ尽力して下さった、日本のコンピュータ技術の父と言っても過言ではない存在。
安らかにお眠り下さい。ご冥福をお祈りします。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください