自宅のネット回線環境がずっと悪く、困っていました。
そもそもマンションなので、他の部屋の影響があることも理解していたため、多分、その問題だよな、と思っていたのですが、先日、バッファローのルーターに変えてからより悪化しました。
ちょっと様子見を続けていたのですが、さすがに最近ひどいので意を決してルータを買い換えてみました。ちょっと冒険しています。

あまり聞かない「TP-Link」というメーカー

今まであまり聞いたことがなかったのですが、最近ちょいちょいネットで名前を見かけるようになったメーカー、「TP-Link」。
中国のメーカーらしいのであまり気にしてなかったのですが、「いいよ」という声もよく見かけます。
調べてみると随分昔(1996年あたり?)からネットワーク機器の開発・販売を行っているメーカーのようで、海外ではメジャーなメーカーの1つらしい。
国内でも購入者がボチボチ出てきていて、Amazon.co.jpのレビューを見てもそれほど悪くない様子。
なので、意を決して買ってみました。

購入したのは「Archer C9」

購入したモデルは「Archer C9」


定価は ¥25,500- なのでまあまあ高いモデルですね。
amazon.co.jpではかなり安くで販売されています。この価格の差も少し不安でした。

本体は結構大きめ

本体はけっこう大きめです。

これじゃ大きさが分かりにくいですね。
マウスを上に置いてみました。

「大きい」と噂のACアダプターはこんな感じ。

下に移っている保証書はハガキ大です。まあまあ大きいですね。

設置・設定はとても簡単

設置、設定はとても簡単でした。
特に設定はサックリと終了。
管理画面のアクセスもスムーズで、画面切り替えの速度も早い。この辺りは意外と満足度に繋がるのでよく考えられていると思います。
ちなみにファームウェアが古かったのでアップデートしようと思ったら「このファームウェアアップデートは設定が消える」旨の告知がされました。
「消えるってどういうことよ??」とも思いましたが、こうやってきちんと告知してくれるととりあえず設定バックアップしようかな?と思えます。
こういう細かい心遣いが比較的できている印象。

速度はかなりアップ

当方環境に限って言えば、速度はかなり上がりました。
スピードテストを通してみると、前の環境だと下り15〜20Mbpsくらいだったのですが、
1.NTTPC(WebARENA)1: 81.95Mbps (10.24MB/sec)
2.NTTPC(WebARENA)2: 65.12Mbps (8.14MB/sec)
推定転送速度: 81.95Mbps (10.24MB/sec)
という、かなり高速な結果に。
ちなみに無線LAN上からの結果です。有線だともう少しいい数値なのかな。
これでしばらく様子を見てみましょう。
ここまでじゃなくていい方はこちら辺りで。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください