放送大学に入学して4月で3年目でした。
3年目最初の試験が終わり、最近、雑感書いてなかったな、と思ったので。
ある意味、書くにはちょうどタイミングもよさそうです。

今年の4月から情報専攻に変更

今年の4月から専攻を変更しました。
それまで専攻していた「社会と産業」コースで取りたい授業がなくなってきたこと、もう一度、情報系をここで復習しておきたい、と思ったこと、が大きな2つの理由です。

まあ、卒業を優先した、というのは隠れた小さな理由なのですが・・・

情報専攻に変えてみて

専門学校で勉強したのがもう26~28年前なので忘れていることも多く、思ったより大変です。
最初、AND/OR/NANDなどがすぐに浮かばなかったのが自分でも驚きでした・・・

また、音声編集や映像編集についても、基礎の部分・・・ロジックであったり、手法であったり、という点から勉強できるのが今更ながらためになってます。

プログラミングも改めて基礎から・・・JAVAの、ですが・・・勉強している状況。
もちろん現役の?プログラマですので、この辺りはまあ簡単です。
また、改めて基礎から勉強することで、思いだしたこともあり、プログラミングの楽しさを改めて感じることも出来ています。

ただ、まだ1期終わったところなので、大した科目を取っていません。
この辺りの感想は2期、3期と進んだところで変わるかも知れません。

試験・・・う~ん・・・

試験、ですが・・・・
時間が余って仕方がなかったです。

情報系は記憶力を試すより、論理的思考力を試す方がいいのではないでしょうか?と思います。

あと、夏場は暑い(苦笑)。
試験と試験の間の空き時間がとにかく暑い。自習室、すぐに埋まるし。
なので近くのカフェで仕事してました・・・

今更ながら、基礎大事、とても大事

基礎を勉強することで少し理解が変わってきたところもあり、他にも仕事で必要になりそうなことを勉強する気になってます。

この業界、日々いろいろと変わっていますので、普段の勉強が大事です。
普段の勉強の理解度を上げるためにも基礎が大事です。

がんばりましょう。

なお、放送大学、放送はBS受信出来れば無料で、テキストは書店で販売しています。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here