このサイトでは多分初めてドローンを取り上げます。それだけインパクトの強い商品です。
完全に日本市場向けの商品をDJIが投入します。「MAVIC Mini」。
200g未満の軽量ドローンですが、性能はDJIの高度な技術を投入した、非常に高レベルな製品です。

まずはプレスリリースから。

重量はわずか199g

2019年10月31日 – 民生用ドローンと空撮テクノロジーで世界をリードするDJIは、いつでも使えるフライカムとして設計された超軽量折りたたみ式のDJI Mavic Miniを発表し、空撮の可能性に新たなフロンティアを切り開きます。今回は日本特別モデルを開発し、重量はわずか199gと、持ち運びや飛行操作も容易です。空撮の楽しさを体験したいすべての人に最適なモデルです。

日本の法律ではドローンは200g以上か未満かで法律の縛りが大きく変わります。
「Mavic Mini」が日本市場向けなのは重量が199gという点にあります。

今までのMavicシリーズで培われた技術を継承

初代Mavic Pro、Mavic Air、そしてMavic 2といった、DJIの折りたたみ式Mavicシリーズの技術を継承して設計されたMavic Miniには、限界まで軽量化した機体に上位モデルと同等の機能を搭載しており、最も軽量なドローンカテゴリーに分類されます。(日本国内においては、重量200g未満の機体は模型航空機に分類されます。操縦者は法律や規制を常に理解し、それらを遵守する必要があります。)

今までのMavicシリーズで培われた様々な技術をもとにMavic Miniは設計されています。

Mavicシリーズの評価はかなり高く、それだけにMavic Miniも期待できます。

携帯性と安全性

Mavic MiniはDJI史上、最も軽量でコンパクトなフライカムです。いつもの風景を新しい視点から眺めたり、友人や家族との休暇中の素晴らしい景色を撮影したり、日常の様々な出来事を捉えるための最適なクリエイティブツールです。Mavic Miniには名高いDJIの安全技術が組み込まれています。高度制限、機体が送信機との接続を失った場合や、バッテリー残量がわずかになった場合の離陸点への自動帰還機能(RTH)、飛行禁止区域を回避するためのジオフェンスなどがあります。

楽しい飛行体験

Mavic Miniは、空撮初心者でも使用できる設計となっており、専用送信機で簡単に操作し、飛行させることができます。超軽量設計で高品質モーターを搭載するMavic Miniの最大飛行時間は18分です。Wi-Fi伝送信号[1] が安定した制御とHDライブ配信を実現し、クリアな視界と安全な飛行を提供します。GPSレシーバーと下方ビジョンセンサーによって屋内外での正確なホバリングや安定した飛行、正確な着陸を可能にします。

[1] Mavic Mini Wi-Fiシステムの範囲は最大で2 km(障害物や電波干渉がなく、CE/MIC(日本)準拠の場合)です。最大飛行距離の仕様は、無線の接続強度と復元力を踏まえた概測になります。常に目視の範囲内で飛行させてください。また、飛行させる地域の法律や規制を確認してください。

高品質なコンテンツを、簡単に作成

Mavic Miniは、1/2.3インチセンサーを使用し、2.7K 30fps動画や1080p/60fpsの動画、12MPの写真など高品質の映像を撮影することができます。3軸ジンバル搭載でカメラを安定させるため、まるで映画のような滑らかな映像を撮影でき、SNSで映えるコンテンツを共有できます。

高度な機能で広がる創造性

直感的な操作ができるように、新たに設計されたDJI Flyアプリでは、飛行と撮影がよりシンプルになりました。操縦レベルに関わらず、誰でもMavic Miniを最大限に活用できます。アプリ内の専用チュートリアルを使用すると、初心者パイロットは飛行について学ぶことができ、また、プリセットの編集テンプレートを使用すれば、映像をよりクリエイティブなレベルまで引き上げます。初心者パイロットは、基本操作を行うポジション (P) モードでの飛行を選択でき、経験豊富なパイロットは、スポーツ (S) モードを利用して楽しむこともできます。コンテンツクリエイターは、CineSmooth (C) モードを活用することで、より滑らかな映像を撮影できます。また、事前にプログラムされた飛行機能をタップするだけで飛行し、映画のような映像を自動的に生成します:

– ロケット:高度制限を設定し、カメラを真下に向け、被写体を捉えたまま、真上に上昇します。
– サークル:一定の高度と一定の距離で被写体の周囲を周回します。
– ドローニー:高度制限を設定し、被写体を捉えたまま、後方に飛行しながら上昇します。
– ヘリックス:高度制限を設定し、渦巻きのように被写体の周囲を旋回しながら空中に上昇します。

アクセサリーを使って、よりクリエイティブに

ユニークなアクセサリーを使用すると、Mavic Miniの可能性がさらに広がります:

– 360°プロペラガード:360°周囲をガードし、安全性を高めます。
– 充電ベース:充電するだけでなく、Mavic Miniをライトアップしてディスプレイとして飾ることができます。
– プロペラホルダー:プロペラを所定の位置に固定でき、Mavic Miniを簡単に持ち運ぶことができます。
– DIY クリエイティブ キット:ステッカーを自分でデザインし、貼り付けて自分仕様のMavic Miniをカスタマイズできます。
– スナップ アダプター:ブロックアダプターを取り付けたり、メッセージを書いたミニLEDディスプレイを取り付けたりなど、Mavic Miniを装飾できます。
– ミニ トラベルバッグ:Mavic Miniと送信機を収納できるカスタムバッグで、Mavic Miniをどこへでも持ち運べます。
– 2WAY充電ハブ:最大3台のバッテリーの充電器として、また、パワーバンクとして活用できます。

気になる価格と販売時期ですが。

すでに予約は始まっています。

価格と販売時期

Mavic Mini、Mavic Mini用アクセサリーはDJI公式オンラインストア、DJI認定ストア、DJI正規販売代理店および特約販売店にて10月31日(木)より予約受付を開始します。
発売は11月中旬を予定しています。
販売価格はスタンダード版は46,200円(税込)、360°プロペラガードや予備バッテリーなどがセットになったフライモアコンボは59,400円(税込)です。
Mavic Miniには、賠償責任保険が1年間無償付帯されています。

Mavic MiniおよびMavic Mini用アクセサリーの詳細情報は、www.dji.com/mavic-miniでご確認ください。

予備バッテリーなどは確実に必要になるので、最初から「フライモアコンボ」を買っておいた方がいいでしょうね。約60,000円。

今まで、ドローンに関しては購入意欲がさほど沸かなかったのですが、今回のこの商品はかなり欲しいですね。
199gという重量でMavicレベルの性能、というのは非常に気になります。
動画の重要性をひしひしと感じているので、手軽に飛ばせるドローンはコンテンツ制作の強い味方になりそうです。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください