さて、年末ですね。2019年の総決算、ではないですが、少し記事をアップしていきたいと思います。
今年、実はいろいろと買ったものがあるのですが、ここでご紹介してないものを年内に紹介できればと思います。
まずはこれ。HobbyFieldsに書くのでホビー用、ではなく、完全にお仕事で使いたくて買った「Mavic Mini」です。初ドローン。

Mavic Miniに関する詳細は当サイトにも書いたので省略します。下記を読んで下さい。

【PR】DJIから軽量かつコンパクトな折りたたみ式フライカム「MAVIC MINI」が発売へ

今のところ、まともに飛ばしたのは2回です。時間がない、というのもありますが、意外や意外、「飛ばす場所がない」のです。

やっとamazonにも在庫が出始めましたね。

【国内正規品】DJI Mavic Mini

【国内正規品】DJI Mavic Mini

44,500円(01/12 18:05時点)
Amazonの情報を掲載しています

その理由を書きます。

機体重量が200g未満なので法律の規制は受けにくい・・・はず

恐ろしいくらい売れていて、どこも既に在庫がほとんどない「Mavic Mini」。
売れてる理由は「200g未満という機体重量」です。私が購入を決意したのもこの重量でした。

というのは、日本の場合、「航空法」による規制ではこの”200g”という重量が一つの「区切り」になっています。このラインで規制が大きく変わります。

どういうことか、と言うと
 200g以上:無人航空機 200g未満:模型飛行機
という扱いになります。
ですので「Mavic Mini」は「航空法による無人航空機に対する規制」を受けません。

200g未満のドローンが受ける規制

200g以上のドローンが受ける規制については別途調べて頂くとして、今回はMavic Miniを含む200g未満のドローンが受ける規制について書いてみます。

空港周辺での飛行

200g以上のドローンと同様、全ての空港及び滑走路から6kmのエリアでの飛行は禁止されています。
また、一部空港ではより広いエリアでの飛行が禁止されています。

理由としてはもちろん航空機とドローンの衝突を避けるためです。

地表または水面から150m以上の空域での飛行

こちらも200g以上のドローンと同様、150m以上の空域での飛行は禁止されています。
飛行させたい場合は空域を管轄する管制機関と調整が必要です。

地方自治体による条例や規制

地方自治体でも様々な規制が行われています。
例えば私の住む自治体では公園でのドローンの飛行は禁止です。
飛行禁止の場所を明確に指定している自治体もありますし、条例が制定されている地域もあります。
必ず飛ばしたい地域の条例などを確認してください。

小型無人機等飛行禁止法・文化財保護法の規制

国会議事堂や皇居、官邸などの国の重要施設の上空と周辺300mは200g未満でも飛行禁止です。
また、国の重要文化財周辺でもドローン禁止の場所があります。

道路交通法や民法なども気にする必要あり

道路交通法では「通行の妨げになるような行為」は禁止事項になります。明確に「ドローンを道路の上で飛ばすな」とは言われていませんが、飛ばしたドローンが道路に落ちたりすると非常に危険です。

また、ドローンで撮影する場合、民家やマンションには注意をする必要があります。他人が所有する敷地内の上空を許可なく飛ばすと所有権の侵害になります。

ドローンが落ちた!けど、見つからない・・・そんな場合、不法投棄になる可能性も

ドローンは当たり前ですが充電池を積んでいます。
そんなドローンを誤って山の中に落としてしまった、海に落としてしまった。探しても見つからない。
そうなると不法投棄になります。
特にリチウムイオン電池を積んでいますので、発火の可能性もあります。
くれぐれも注意して飛ばすようにしましょう。

飛ばせる空域は「DJI Fly」で確認可能

「Mavic Mini」に関しては、実際に飛行させる際に必要なアプリ「DJI Fly」に飛行可能な領域が表示されます。
飛行不可能な領域で飛行させようとすると警告が画面に表示されます。親切設計!

但し、地方自治体の条例等までは反映されていません。
自分自身で法律を理解、把握して飛行させることが必要です。

あなたの行動一つで法律が変わり、規制が強化されることを頭に置いて

「Mavic Mini」の登場でドローン市場が再び活性化しそうな勢いです。
200g未満でかなりの高性能なドローンが50,000円以下で買える(通常版)ことの衝撃はかなり大きいようで、どこも品切れが続いています。

【国内正規品】DJI Mavic Mini

【国内正規品】DJI Mavic Mini

44,500円(01/12 18:05時点)
Amazonの情報を掲載しています

ただ、それだけに問題も頻発しそうな感じです。

Mavic Miniが初めてのドローンという人は少なくないと思います。私もその1人です。
私たち一人一人の行動1つで規制が強化される可能性が高いのが今のドローン界隈です。

きちんと考えて、規制の範囲内で飛ばすように心がけましょう。

開封写真などは撮ってないので、こちらを。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください