Googleが日本語入力システム参入 β版無料公開
これだけは購入しないといけないなぁ、と思っていた日本語入力システム。DOS時代から使ってる人は”FEP”(Front End Processor)と呼んでました。今はIM(Input Method)と呼ばれています。
さて、Windowsの世界ではATOK、もしくはMS-IMEという選択肢しかありませんでした。
(最近ではオープンソースでもいくつかあるようですが、それは割愛します)
そんな中、なぜか分かりませんがGoogleが参入です。
しかもWindowsだけではなく、Macにも対応している、という・・・WindowsとMacで共通のIMが使えるメリットは私にとっては非常に大きく感じます。
まだインストールしていませんが、とりあえずWindowsマシンにはインストールしてみようと思います。
P.S.
あっさりインストール終了しました。再起動の必要もなさそうです。
改めてgoogle Japanのブログを見ましたが、開発に携わっている方々はFEP開発ではかなりの凄腕ばかりのようです。期待度が大きく上がりました。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください