個人的な気持ちをタイトルにしてみました。
現在、自宅ではSnowLeopard(Mac OS X)+WinXP、会社ではWinXP、モバイルはWin7を使っています。
サーバに関しては全てLinuxなのですが、デスクトップ系はこんな感じです。
ここ4ヶ月くらい、モバイルマシンにWin7を入れて持ち歩いているのですが、不満はありません。
でも決して満足ではないのです。
理由はよくわからないのですが、当てはまる言葉を探すと「小回りが効かない」でしょうか。
Mac OS Xの最大の魅力は個人的にはSpacesだと思っています。
Ctrl+矢印でデスクトップが切り替わる、あれがOSに標準搭載、というのは非常に魅力的です。
また、開発環境が構築しやすく、ほぼLinuxと同様の環境がMac OS X単体で作れる、と言う点も魅力です。
後は、まあOSの速度、でしょうか。
確かにWin7も遅くはないです。安定度も高いと思います。ただ、サクサク感はMac OS Xの方があったかなぁ・・・と。
もちろん、Windowsの方がいい点もあります。
ファイルマネージャー系については、やはりWindows系の方が慣れているだけあって使いやすいです。
Word/Excelもいろいろ気にせずに普通に開けます。
ただ、前者に関しては慣れの問題であり、後者はOpenOfficeで補えるレベルです。
Web系の業務をやったり、サーバやるならMac OS Xの方がいいなぁ、とつくづく思う今日この頃。
Aspire Oneでもう一回夢見るか、と考えています。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください