最近、「会社更生法申請」と聞いてもあまり驚かなくなった。ウィルコムに対しても然り。
ウィルコムには随分とお世話になった身としては非常に残念ではある。
が、あくまで「お世話になった」わけで、現在進行形ではない。

ウィルコムとの付き合いは、その前身である「DDIポケット」時代にさかのぼる。
モバイル通信端末といえば「DDIポケット」だったその頃、ご多分に漏れず、私も外出用で1回線所有していた。
ノートパソコンと共に持ち出して外出先でネットに接続するという目的であれば、PHSに勝るものはなかった。
それからウィルコムに会社が変わっても、しばらくは使い続けていた。
急激に外出が減った時期があり、その時は解約していたのだが、W-ZERO3が発売されてからまた契約。
実は、これが「ウィルコムにさよならを言うきっかけ」となった。
いろんな人が絶賛していたW-ZERO3だが、使えば使うほど、筐体の作り込みの甘さが目立った。また、PHSの通信速度が既に「時代遅れ」だったことも災いして、購入したものの数ヶ月で使わなくなった。
つまり、その時の評価が今の私のウィルコムに対する評価の全てである。
ウィルコムの最大の弱みは「通信速度」にある。
高速回転に慣れ切ってしまった私たちにとって、ウィルコムの64kbpsとか128kbpsという通信速度は足かせ以外の何物でもない。正直、持っていた後半はターミナルで接続するのも嫌だった。
何よりイー・モバイルの登場が大きく響いたのではないだろうか。そういう私もイー・モバイルに乗り換えた。
そして、もう一つの弱みが「端末本体」にあると見ている。
何というか、全体的に「おもちゃっぽい」と感じている。どこか「ちゃちい」というか「安っぽい」というか・・・高級感がない。
W-ZERO3については、初見はそれほど気にならなかった。が、使っていくうちにスライド部分がずれてきた。変に動くので壊しそうで恐くなってくるし、キーはだんだん打ちにくくなるし、動作は重くなるし・・・
いわゆる「京ぽん」も使っていたが、こちらも同様に作りの甘さが目立って、あまり使わなかった。
筐体の作りもだが、OSというか、画面周りというか、そちらの作りも実に甘かった。
通信速度、筐体の作り込み、ソフトウェアの作り込み、全てに「妥協」しか見えなかった印象がある。
「安価」な価格帯に甘えた結果の「妥協」が招いた「破綻」。
再生するのであれば、「妥協しないモノづくり」の精神を持って再生して欲しい。
そうすればきっとまた「使いたい」と思う時がくるのではないか、と期待して。

1コメント

  1. ■ウィルコム、会社更生法を申請 社長ら取締役全員辞表-原因はやはり、消費者ニーズを追求しなかったことか?

    こんにちは。ウィルコムが事実上倒産しました。原因は消費者ニーズを追究しなかった、あるいはできなかったことだと思います。私自身、2回ほどウィルコムのデータ通信カードを使っていた時期がありますが、今は使っていません。ウィルコムやはり、AirH(エア・エッジ)が有名で、PHSの高速で低廉な通信が魅力でしたが、今ではその魅力も色あせていました。ウィルコム昨年社長が交代しましたが、結局はこのような結果になってしまいました。私のブログでは、ウィルコムの今日の事態はもうすでに10年以上前からその根があったことを私の経験を交えて掲載しました。詳細は、是非私のブログを御覧になってください。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください