帰宅すると変なFAXが届いていた。
タイトル「Internal Revenue Service IRS.gov」
両親は「何なの?何なの?」ととても不安そう。
ざっと斜め読みした感じでは、アメリカの国税局か何かからのFAXで、アメリカ非在住者の納税を免除するためにW-8BENという書類を提出せよ、とか、そんな感じ。
そういう書類の割には、宛て名が「Dear Sir.」だったり、日付が”JANUARY 2010″と古かったり、普通当たり前にあるはずの「署名」がなかったり、と怪しいところが多い。それより何より、こんな書類を政府機関がFAXで送るということ自体があり得ない。
こういう時にはインターネットが便利。調べてみたらやっぱり詐欺っぽい。
GIGAZINEのこちらの記事が実に詳しい。
IRS.govを名乗ってFAXを送りつけてくるW-8BEN詐欺について
詐欺も国際的になってきましたなぁ・・・・

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください