iPad2が発表されました。
既にAppleサイトは切り替わっています。
アメリカでの発表会にはなんとスティーブ・ジョブスが登場した様子。
まずは本体から。
デザインが一新されています。初代よりもかなり薄い8.8mm(最薄部)。初代が13.4mm、iPhone4が9.3mmですから、だいぶ薄いです。折れます。
ブラックモデルとホワイトモデルの2モデルが発表されています。
CPUはデュアルコアの「A5プロセッサ」。CPU速度は2倍、グラフィック性能は9倍高速化。
消費電力は初代iPad搭載のA4プロセッサと変わらず、バッテリー持続時間は10時間。
カメラが搭載されました。前面と背面に1つずつですので、前面カメラを使うことでFaceTimeなどによるテレビ電話が使えます。
今回はジャイロも搭載。カーナビいらなくなりそうです。
HDMI出力に対応していますが、外付けユニットが必要($39)。
OSはiOS4.3。3月11日リリース予定。
Wi-Fi版と3G版がある。3G版はCDMA版も提供され、アメリカではAT&TとVerizonが発売。
価格はアメリカにて
Wi-Fi版
 16G $499 / 32GB $599 / 64GB $699
3G版
 16G $629 / 32GB $729 / 64GB $829
同時に「iMovie for iPad」「Garageband for iPad」を発売予定。
個人的にはこっちもかなり気になります。特にガレバンは8トラック録音、エフェクトOK。出来上がったデータをAACファイルでメール送信可能。更にはMacのガレバンとデータ互換。加速度センサーや画面操作でバンド的なことも可能。
ちなみに期待されていたMobileMeに関する発表はなかった様子。
iPad2、速度アップがいちばんの目玉ですが、CPUの性能が上がったことでもうひとつ上のステージに上がったような気もします。
ただ、もう少し革新的なことが発表されるのでは?という期待もあっただけに、賛否分かれるところかもしれません。
なお、従来のiPad、この発表のタイミングで値段が1万円以上落ちています。「今のでいいや」という方は買い時かもしれません。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください