これまであまり「ソーシャルアプリ」というものを使ってませんでした。
自分の位置情報を晒すことに不安があったのと、俺の行動見て誰が喜ぶん?という疑問とで、あまり積極的に使う気にならなかったのです。
それがFacebookを使い始めて、スポット打つようになって、「あ、これは自分で自分の行動を確認するのにいいなぁ」と思い始めました。
そこからfoursquareという選択肢に辿り着くのにあまり時間はかかりませんでした。
foursquareとは、自分が訪れた場所にマーキング(チェックイン)をしていくことでポイントやバッジがもらえる、という軽くゲーム要素を含んだロケーションソーシャルネットワークアプリです。
他のソーシャルネットワークと同様にフォロー・フォロワーの関係があり、他のfoursquare利用者の状況を確認することも可能です。
チェックインはGPS搭載のスマートフォンなどを使うことで、現在滞在している場所周辺の施設を自動でリストアップしてくれますので、その中から選ぶだけです。またリスト中にない場合は自分で施設を追加することも可能です(但し、自宅や会社を追加した場合、追加した情報は誰でも閲覧できますのでご注意を)。
また、チェックインした情報をTwitter・Facebookへ流すことも可能です。
実際に使ってみた感じですが、個人的にはFacebookの方はFacebookのスポット機能を使った方がいいかな?と思っています。この辺りも使っていくうちに変わるかもしれませんが。
抵抗があった「自分が今いる場所をTwitterなどで公開する」事に関しても、デメリットよりはメリットが大きいのかな?と思い始めています。現にTwitterに流したfoursquareの情報を見てお会いできそうになった方もいらっしゃいますし、返信を下さる方も増えた気がしています。
ライフログの意味を改めて考えているので、foursquareを使い始めたことは更に深く考えるきっかけになったかもしれません。
「場所」を軸にしたコミュニケーションというのは、これから主要なコミュニケーション手段になるかもしれません。
また、今後はチェックイン機能にクーポンを紐付けする、ということも始まりそう(アメリカでは既に始まっている)ですので、そうなるとまた面白くなりそうです。
TwitterでiPhoneなどのスマートフォンを使い始める人が増えた、と言われていますが、次にスマートフォンを使うきっかけとなるかもしれません。
まだ使ってない方であちこち移動される方、一度試してみてはいかがでしょうか?

iPhoneでライフログ ~日々の情報を記録・分析・管理~

iPhoneでライフログ ~日々の情報を記録・分析・管理~

音葉 哲
発売日: 2010/11/05
Amazonの情報を掲載しています

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください