By: VFS Digital Design

最近、大量に本を買ってしまい、徐々に消費中です。
しばらく本の紹介が増えるかもしれません、ご容赦下さい。
というわけで、今回は「ウェブデザインのつくり方、インターフェイスデザインの考え方。」という本です。

By: VFS Digital Design
タイトルに「ウェブデザイン」とありますが、決して「ウェブデザイン」に特化した内容、というわけではありません。
デジタルコンテンツ全般に通用するであろう内容になっています。
いきなり「UX(ユーザエクスペリエンス)」に関する解説から始まりますので、初心者向けではない印象ですが、読み進めていくと、解説が非常に分かりやすく、初心者でも安心して読み進めることが出来るのではないか?と思っています。
例や図が多用してあり、レイアウトがゴチャゴチャしていないため、読み進めやすく、かといって内容が薄いわけでもありません。
この手の本は何冊か購入していますが、その中でもかなり面白く分かりやすい部類に入るのではないでしょうか。
一般的なグラフィックデザインの理論をウェブなどのデジタルコンテンツの理論へうまく落とし込んで解説しているので、何となくデザインに行き詰まっている私のような人に非常に向いているのではないか、と思います。
デザインを言葉で語りたい方、クライアントへデザインの説明をする際、なかなか言葉で表現が難しい方には特にお勧めします。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください