先程、本ブログでも書きましたが、Firefox7がリリースされました。
本ブログではただ「メモリ消費量の大幅削減」とだけ記述していましたが、Firefoxの正式なリリースノートには
・特定の利用シーンで メモリ使用量を大幅に削減しました。
と記述されています。
他のサイトなどを見ていると、この「特定の利用シーン」に関する説明がされているところがあまり見当たらないので、少しだけ深く掘ってみたいと思います。
「Mozilla Hack」を見てみると、ちょうど記事が上がっていました(「Firefox 7 is lean and fast」)。
ざっくり要約すると
だいたい平均で20〜30%、使用状況によっては50%程度、メモリ消費量を削減することが出来るようになった
との事です。
では、「特定の利用シーン」とはどういう事かというと
・Firefoxを長時間使用し続けた場合
・1度にたくさんのタブを開いた場合、そのタブにたくさんのイメージが表示されている場合
・たくさんのテキストを有したWebサイトを表示した場合
・Windows上でFirefoxを使用した場合
・Firefoxを使用しているのと同じタイミングでメモリ消費量の大きい他のプログラムを動作させた場合
と書いてあります。
「特定の利用シーン」とありますが、一般的な利用シーンと合致することも多いような気もしています。
少なくとも私の利用シーンとはかなり合致するので、改めてFirefoxに戻ってもいいかな?と思っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください