今回が恐らく本当の意味でのファーストインプレッションになるでしょう。
α77を初めて持ち出してみました。
掲載している写真は全て標準レンズでオートで撮影したものをLightroom3で読み込んで、現像処理をせずにjpeg縮小書き出ししました。いわゆる撮って出しにかなり近い形です。

前回も書きましたが、やはり重いです。ずっしりと来ます。
重さはさておき、実際に持ち歩いてみて感じたのは、非常に持ちやすい、という点。
重いのですが、グリップが非常に握りやすく、手に馴染むので持ち歩きやすいです。
また、撮影時も手にしっかりとフィットしますので、撮影しやすいのも非常に嬉しいですね。
今まで所有してきたカメラの中ではダントツだと思います。

シャッター速度、街歩き的な今回の撮影では全く気になりません。
オートフォーカスの速度が速いので、サクサク撮れます。
まだ設定などに慣れてないので、ちと戸惑う部分がありますが、そこは慣れれば大丈夫でしょう。
ボタン操作などがワンテンポ遅れると言う人もいますが、あまり感じません。
基本的に非常に順応性が高い人間なので、まあこんなもんかと思ってる、というところでしょうか。



操作面についてのレビューは、あまり当てにしない方がいいかもしれません。
一般的に「操作性が悪くなった」と表現されるインターフェイスの変更やキー類の反応速度については、かなり順応性が高い人間です。
但し、そんな私が「操作性が悪い!」と言い出したら、それは相当酷い、と認識してもいいかもしれません。
実際の写真ですが、個人的にはこのボケ感は好きです。
今回は全てオートで撮影したので、風景写真はシャープさに欠けますが、絞り調整などをすればもう少しマシになるかもしれません。
後はいろいろレンズを試してみたいところ。手元にあるレンズもちょっと試してみようかと思っています。
初めて一眼レフを買った時のあの感動が今回の撮影で蘇ったのが非常に嬉しく感じました。
初心者から一段レベルアップしたいと考えている人には非常に意味のある一台だと感じています。
ソニーα77スーパーブック (Gakken Camera Mook)

ソニーα77スーパーブック (Gakken Camera Mook)

発売日: 2011/10/31
Amazonの情報を掲載しています

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください