いよいよ本日2012年10月1日より「改正著作権法」が施行されます。
一部ではかなり大騒ぎだった「違法ダウンロードの刑罰化」もこの中に含まれます。
「著作権法なんて関係ないよ」と思ってらっしゃるかも知れませんが、意外とそうでもありません。
簡単ではありますが、少しまとめてみたいと思います。


今回の法改正の基本となる部分が3つあります。
1.違法ダウンロードの刑罰化
 「違法にアップロードされた音楽や映像」を「違法にアップロードされたものと知りながらダウンロード」した場合に適用されます
2.DVDのコピー防止機能を解除する、もしくは解除するためのツールの配布・販売の違法化
 コピーガートのかかっているDVDを複製もしくはPCなどへ取り込むこと、または取り込む・コピーするためのツールの配布・販売が違法となります
3.「写り込み」に関する規制の緩和
 写真などへ「意図せず写り込んでいる」キャラクターや人物に関する著作権法上の規制が緩和されます

1.違法ダウンロードの刑罰化

最近、いちばん騒がれているのがこれです。上に書いたものがいちばん簡略化した内容です。
もう少し具体的に書いてみましょう。
【違法とされる行為と処罰】
・違法にアップロードされた”動画””音楽”を「違法にアップロードされたものと知っていて」ダウンロードした場合に適用
・2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金、もしくはその両方。
・但し、「違法にアップロードされた”動画””音楽”の著作権者」からの告訴が必要(これを「親告罪」と呼びます)
【違法になりそうでならないこと】
・違法にアップロードされた”動画””音楽”を「ダウンロードせず」に閲覧、視聴すること
 つまり、ストリーミングで閲覧・視聴することは違法ではありません
 具体的にはYouTubeなどで違法アップロードコンテンツを見たり聞いたりしても違法ではありません
・違法にアップロードされた、と知らずにダウンロードすること
・「メールで送られてきた違法コンテンツ」を自分のパソコンに保存すること
これは少し難しいのですが、メールは「特定の人に向けて送るもの」であって、今回の処罰対象は「不特定多数に向けて」配信されるもの、なのでメールは処罰対象から外れています。
・写真やテキストなどを自分のパソコンに保存する
 今回は「映像」「音楽」が処罰対象であるため、写真やテキストは処罰対象外となります。

DVDのコピー防止機能を解除する、もしくは解除するためのツールの配布・販売の違法化

これはこのブログでも概要を書きました。
リッピング違法化、違法ダウンロード刑罰化へ・・に関する誤解 | OpenMediaLaboratory

今回、規制の対象となるのは「DVDやCD、Blu-rayディスクなどに付けられているコピー防止機能を解除すること」です。
【違法とされる行為と処罰】
・コピープロテクトがかかっているDVDを購入・レンタルし、PCへ取り込んだ場合
・コピープロテクトがかかっているBlu-rayを購入・レンタルし、PCへ取り込んだ場合
・コピープロテクトがかかっているCDを購入・レンタルし、PCへ取り込んだ場合
・コピープロテクトを除去するツールを販売・配布目的で開発した場合
・コピープロテクトを除去するツールを販売・配布した場合
つまり、コピープロテクトがかかっていなければPCへ取り込んでも問題ありません。
CDについては大多数がコピープロテクトがかかっていませんので特に問題ないでしょう。

「写り込み」に関する規制の緩和

これは少々ややこしいかもしれません。
例えば写真や映像を撮影したときに他者の著作物が偶然にも背景に写り込んでしまうことって多いですよね。
それをブログなどで公開した場合、今までは「著作権侵害」として訴えられる可能性がありました。
今回の改正では上記のような場合「著作権侵害とせず、許諾なしで利用を認める規定」が盛り込まれました。
他にも細かく規定がされており、「キャラクター商品などを開発する際の社内企画書へキャラクター画像を掲載する場合」や「技術開発用のサンプルとして音声・映像ソフトを複製」する場合なども「著作権侵害の対象から除外する」ということになっております。
「時代の流れに応じて」の変更とのことですが、そうとは思えない部分も見られる今回の改正。
国会議員の先生方の中でどれだけの人がしっかりと正しく理解して可決されたのか、個人的にはそちらに非常に興味があります。
いずれにせよ、自分の身は自分で守らなくてはいけない時代になってきた、そんな印象です。
平成24年10月から著作権法が変わります  販売または有料配信されている音楽や映像の「違法ダウンロード」は刑罰の対象となります
平成24年10月から著作権法が変わります 販売または有料配信されている音楽や映像の「違法ダウンロード」は刑罰の対象となります …

10/1施行。30秒で分かる「違法ダウンロード刑罰化でできなくなること・変わらないこと」(※追記) : ライフハッカー[日本版]

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください