By: Junpei Abe

文字組には少々うるさいです。
私がデザインを始めた理由の一つが、文字組というものが気になったから、です。
そんな私なので、書店で「文字組」とか「組版」という言葉を見るとついつい手に取ってしまいます。

これはだいぶ前に買った本ですが、最近読み返して改めてまた勉強になったと思ったので、ご紹介します。

組む。 - InDesignでつくる、美しい文字組版

組む。 - InDesignでつくる、美しい文字組版

ミルキィ・イソベ, 紺野慎一
発売日: 2010/05/25
Amazonの情報を掲載しています

By: Junpei Abe
この本は「文字組」をInDesignで行う、ということを掘り下げて解説しています。
まず、美しい文字組とはどのようなものかをフォントから解説しています。
そして、InDesignでの文字組を基本的な部分から解説。
とにかくここからが詳しくて分かりやすいです。ただただ文字組のことを解説しているだけではなくて、どうやれば効率よくInDesignを使えるかまで含めて解説されています。
更には実例として小説やエッセイ、複雑な字体の場合や欧文の組み方なども解説されています。
TeXで文字組の世界に飛び込んだ者としては欧文の解説がもう少しボリューム欲しかったところです。
ただ、日本語に関してはかなり詳しく、勉強になります。
これからInDesignを使おうと思ってる人、InDesignを使っているけど文字組はあまり自信がない人、もう少し文字組を勉強したいと思っている人など、幅広い人にお勧め出来るかと思います。
雑誌デザイン虎の巻―文字を組む、版面を設計する (DTP WORLD ARCHIVES)

雑誌デザイン虎の巻―文字を組む、版面を設計する (DTP WORLD ARCHIVES)

オブスキュアインク, 大橋幸二
2,484円(08/13 05:41時点)
発売日: 2009/06/10
Amazonの情報を掲載しています

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください