1年以上悩んでいた「BS/CS」の契約。スカパーにするか、ひかりTVにするか、ずっと決めかねていました。
先日、日経新聞電子版を解約したので、とりあえず情報収集のためにどちらか契約することにしました。

ひかりTVとスカパー!(今回はプレミアムを検討)それぞれ、良い点と悪い点があります。

工事について

ひかりTVは工事不要です。契約するとチューナーが送ってきますので、それをインターネット回線に繋ぎます。
その時、ルータによっては、一般的なネットワーク機器とは接続方法が異なります(専用のハブが一つ必要になります)ので、注意が必要です。
スカパー!はアンテナ工事が必要です。もちろん自分で付けることも出来ます。
今はアンテナと工事費が無料になるキャンペーン中ですので、費用面はさほど心配ないと思いますが、基本工事以外は別途費用がかかります。

画質について

いくつかのレビューなどを見ましたが、ひかりTVは安定してキレイな様子。
一方、スカパーは天気が悪いと映りが悪いという話をよく目にしました。
だいたい、テレビを見るのは天気が悪い日が多いので、これはちょっと大きな判断材料の一つでした。

コンテンツの再利用(録画・転送)について

ひかりTVの場合、レンタルのチューナーでは録画は可能ですが、NASなどへの転送は出来ません。また、LAN経由での閲覧も出来ません。
購入するチューナーではNASなどへの転送が可能ですし、LAN経由での閲覧も可能です。
スカパーも安価なレンタルチューナーでは録画は可能ですが、NASなどへの転送は出来ません。また、LAN経由での閲覧も出来ません。
ただ、高性能のチューナーもレンタルしてます。こちらはNASなどへの転送が可能で、LAN経由での閲覧も可能です。
ただ、NASなどへの転送・LAN経由での閲覧、いずれもDTCP-IP対応機器やソフトウェアが必要となります。

番組・チャンネル数

ひかりTVはベーシックチャンネルで50チャンネル前後。
スカパー!プレミアムはよくばりパックで61チャンネル。
我々が見たい番組・チャンネルはスカパー!の方が多く、いちばん悩んだ点です。

チューナーの機能

ひかりTVもスカパー!も基本的には2種類のチューナーがあります。
ひかりTVの場合はレンタルチューナーと購入するチューナーです。
【ひかりTVレンタルチューナー】
月525円でレンタルできます。こちらはUSB HDDを接続して録画できます。
シングルチューナーなので録画中は別のチャンネルを見る、ということは出来ません。
【ひかりTV購入するチューナー】
購入するチューナーは42,000円が定価です。キャンペーンなどで38,000円程度までは下がることがあるようです。
こちらはダブルチューナーで、内蔵されている500GB HDDかLAN経由でNAS(対応機器のみ)へ録画が可能です。
スカパーの場合はレンタルチューナーが2種類あります。
【ベーシックチューナー:630円/月】
シングルチューナーで内蔵HDDがありません。が、USB HDDはハブを経由することで4台まで接続出来、スカパー!プレミアムサービスLinkにも対応。対応するNASなどへの転送やLAN経由での閲覧が可能です。
【プレミアムチューナー:945円/月】
ベーシックチューナーに内蔵HDDが320GB搭載され、ダブルチューナーが付いた機種です。その代わり、USB HDDは接続出来ません。
他の機能はベーシックチューナーと同じです。
チューナーの性能はどう見てもスカパーですね・・・
ただ、ひかりTVの場合は今年度中にリリース予定のチューナーが非常にパワーアップしているらしいので、そちらに期待!です。

これらから判断して・・・

総合的に検討した結果、ひかりTVにしました。といっても、「とりあえず」の要素が大きいです。
ひかりTVは最大2ヶ月無料キャンペーン中です。今月加入すれば1月一杯までは無料で見ることが出来ます。そこで「もう少しみたいね」という話になれば、プレミアムチャンネルを検討するか、スカパー!を再検討する予定です。
また、そこで「あまり見ないね」ということになれば解約します。
後は、リリース予定のチューナー次第ですね。
さて、とりあえずチューナーは届いているので、繋いだり見たり・・・という使用感はまた後日。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください