By: Yutaka Tsutano

※本記事は秀和システム様及び著者である吉田裕美様より献本頂いた「はじめてのiPhone/iPadアプリ開発」のレビュー記事です。
献本頂いたからと言って、肩入れしたレビューを書くつもりはありません。ご安心してお読み下さい。
秀和システム様、吉田裕美様、ありがとうございます。
さて、こういう「はじめての〜」という言葉がタイトルに付いた本を読むとき、「どの”はじめて”だろうか」と考えて読むことにしている。

TECHNICAL MASTERはじめてのiPhone/iPadアプリ開発iOS6/Xcode4対応版

TECHNICAL MASTERはじめてのiPhone/iPadアプリ開発iOS6/Xcode4対応版

吉田 裕美
発売日: 2013/03/06
Amazonの情報を掲載しています

By: Yutaka Tsutano
今回の場合「はじめてのiPhone/iPadアプリ開発」という書籍なので、”はじめて”は”iPhone/iPadアプリ開発”全体に掛かるのか、”アプリ開発”に掛かるのか、で意味合いが変わってくる。
結論から言えば、本書は「開発経験者だけど、iPhone/iPadアプリ開発は初めて」という人向けの書籍だろう。いや、もう少し中途半端な人たち向けかもしれない。
若干、プログラミングの経験があって、変数だとか、関数だとか、そういう概念は理解してるよ、というレベル以上の人向けだろう。
私の場合、C言語の経験があるので、この書籍は非常にありがたいし、今まで数冊iPhone/iPadアプリ開発の本を買ったが、最も分かりやすい部類の本と言える。
まずは簡単にXcodeの解説とインストールを済ませ、仕組みが容易かつ比較的使用出来るであろう「BMI判定アプリ」をサックリと開発するところから始まる。
BMI判定とは、なんとも実用的なものを開発させるのか、と感心した。しかも仕組みが容易なので初めて製作するアプリとしては最適かもしれない。
それからC言語の簡単な解説とポインター・メモリ管理の解説。引き続き、Objective-Cの解説と続くが、ここは別の専門書に投げてもよかったかもしれない。
この先、読み進めるには実に中途半端で解説レベルが浅い。ある程度プログラムを理解している人でないと、この内容から次へ読み進めるのは難しいかも・・・
ただ、この部分の応用として、先程開発した「BMI判定アプリ」のソースコードを読み解く、という流れは非常に好きだし、分かりやすいと感じた。
それだけに非常にもったいない。
まあ別途、C言語/Objective-Cの解説書を読み解けばいい話ではある。
個人的にはいちばん最後に掲載されている「ユニットテスト」の章が非常に嬉しい。
なかなかこういうことを書いてくれている本は少ない。
全体的に「とっかかり」として読むには最適で、ここを理解しておけば、掘り下げるのもそれほど難しくないよ、というレベルのことが書いてあるのだろう、という印象。
献本してもらってなくても、書店で見たら間違いなく買うレベル。
時間が出来たら最初から最後まで一通りやってみよう。
副業でiPhoneアプリを作って月17万円稼ぐ方法

副業でiPhoneアプリを作って月17万円稼ぐ方法

シンドウ ヒサシ
290円(07/06 14:00時点)
発売日: 2013/01/06
Amazonの情報を掲載しています

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください