By: Amos

私の名刺などに書いてあるFAX番号は「03」から始まります。
これに気付いた人からはだいたい「なんで03?」と聞かれます。
このサービス、とても便利でコストダウンにも繋がりますのでお勧めです。

By: Amos

インターネットFAX自体は10年以上前からあるサービスで、私も10年くらい前から使っています。
簡単に説明すると「メールでFAXの送受信が出来る」サービスです。
契約すると、FAX番号がもらえます。
以前は”050″や”070″の番号が多かったのですが、最近は”03″など、一般回線の番号がもらえます。
契約する時に送受信用のメールアドレスを登録します。複数のメールアドレスを登録出来るサービスもあります。
相手は通常のFAXで問題ありません。
もらったFAX番号にFAXが送られると、そのFAXの誌面イメージを画像ファイルにしたものがメールに添付され、送付されます。
ファイルの形式はTIFFやJPG、PDFなどです。ファイル形式を選べるサービスもあります。
FAXを送るときは、だいたい「相手のFAX番号」を”@”より前に付けたメールアドレスに、送りたいデータを添付ファイルで送ります。
“@”より後ろはサービス提供会社より指定されます。
添付ファイルは”PDF”やWord/Excel形式など、いくつかの形式で送付できるサービスがほとんどです。
料金は様々です。
月額基本料が必要なところもあれば、使っただけ払うところもあります。
多いのは1,000円程度の月額基本料を払うと、月300枚程度は無料で送受信できる、というところでしょうか。
FAX用の回線を引くよりもかなり安いのでは?
最近では、FAX番号の市外局番を近隣地域から選べるようなサービスも出てきているようです。
今、使ってるところが少し高いので(送信手数料が1枚から必要・・・)、こちらに乗り換えようかと検討中。
(ついでに”03″ではなく、せめて”092″にしたい・・・)

1.FAX機がいらないので、購入費用・設置スペースが不要
2.FAX用の回線が不要なので、回線敷設にかかる費用や回線の月額基本料金が不要
3.トナーや紙が不要なので、トナー切れや紙切れの心配がない
ちょっとだけ、エコな気分になる(笑)。
4.どこでもFAXの受信が出来るので、いわゆる「FAX待ち」の時間が不要
5.FAXを送るときにいちいち印刷しなくてよく、データのままで送信が出来るので、印刷コストを削減できる
(手書き原稿を送信する場合はスキャナなどのデータ化するものが必要です)
デメリットは前述しましたが、手書き原稿でしょうか。
それも今は安価なスキャナがありますので、そちらでカバーした方がメリット大きいです。
スキャナがあれば、いろいろな紙資料の電子化も可能ですし、省スペースなスキャナもあります。
FUJITSU ScanSnap S1300i FI-S1300A

FUJITSU ScanSnap S1300i FI-S1300A

Amazonの情報を掲載しています

ここ数年はいわゆる「クラウド」がブームで、データのやり取りに「クラウドディスク」などというものが使われるようになりました。
しかし、今でもFAXというのは大事な通信手段です。
そのFAXを別のモノに置き換えるのではなく、FAXそのものをインターネット化する、ということは、コストダウンにも繋がりますし、「働き方」の変化にも対応出来るかと思います。
インターネットFAX、今更ですが、お勧めです。
といいつつ、こんなのもありますが。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください