By: ITworld360

Yahoo! Japanがクラッキング被害を受け、IDとパスワード、それに「秘密の質問」までが流出した、との事。
日本の一般ユーザにとって「Yahoo!」は「非常に安心感の高いインターネットサービスを提供している」印象が強いだろうから、かなりショックかもしれない。
メディアもかなり大々的に取り上げているところもある。
しかし、流出してしまった以上、今後の対応について考えなければならない。

By: ITworld360
概要はこちらのニュースサイトをご覧下さい。
ヤフー、流出した「Yahoo! JAPAN ID」2,200万件のうち148万件はパスワードと「秘密の質問」も | Japan.Internet.com
まずは、自分のアカウントが「流出したのかどうか」調べる必要がある。
今回、Yahoo! Japanは調査するためのツールをサイトに掲載している。
詳しくはYahoo! Japanが提供している下記ページをご覧下さい。
[不正アクセスに関して]Yahoo! JAPAN ID状況確認のお願い
ここで確認し、もしも[B]または[C]だった場合、書いてあるように下記の対応が最低限必要です。
[B] : パスワードを変更して下さい。
[C] : パスワードと秘密の質問を変更して下さい。
しかし、ここで対応は終わりではありません。
もしも、Yahoo! Japan IDで設定している「ID/パスワード」、そして「秘密の質問」と同じ「ID/パスワード」「秘密の質問」を設定している他のサービスはありませんか?
そういうものがあるならば、全ての「パスワード」、「秘密の質問」、可能であれば「ID」まで変更しましょう。
実はどこか1カ所クラッキングし、アカウント情報が流出すると、別のサービスでのクラッキング被害・不正ログイン被害が増えます。
それは、使っているいくつかのサービスでパスワードなどを同じにしている人が多いからです。
本来であれば、こういう事態に備えて、ID、パスワード、秘密の質問などのログイン情報は全部違うものにしておくのがベターです。
「覚えられない」とおっしゃる人も多いです、私も覚えていません。
そういう時にパスワードリマインダーソフトを使うといいでしょう。
お勧めはMacであればやはり”1Password”ですね。
1Password App (¥4,300)

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください