By: Sean MacEntee

毎年2月はフリーランスにとってとても大変な時期です。そう、確定申告。
私も毎年、2〜3日かけて領収書を整理し、入金情報を集め、入力していきます。
そしてソフトは「やよいの青色申告」です。

もう最初からこれなので、今更変更するのもなかなか難しいのですが。
「やよいの青色申告」のいいところといえば

「簡単取引入力」がとても便利

一応、簿記3級持ってるので、勘定科目などは多少分かっています。でも分からないこともあるわけで。
そういうことを気にしなくてもこの「簡単取引入力」を使えば、書かれている取引の種類を選択し、日付と金額を入れるだけで帳簿への転記をしてくれ、そのまま必要な書類へ転記してくれます。
また、取引の種類は自分で追加も出来ますので、業種・業態に合ったものを追加しておけば毎年それは使えます。

「仕訳アドバイザー」が充実していて便利

しかし、そうはいっても分からないことも出てきます。
そういう時には「仕訳アドバイザー」がとても便利です。
こういう場合はどうすればいいか、たくさんの実例と共に解説してくれています。

出力する書類も充実

By: Sean MacEntee
書類もとても充実していて
・青色申告決算書(一般用/不動産所得用)
・収支内訳書(一般用/不動産所得用/不動産所得の収入の内訳/不動産一覧表)
・所得税確定申告書B(第一表/第二表/第三表/第四表)
これらの書類はほぼ自動生成してくれます。
また、書き込む必要がある場所は帳票イメージを表示し、そこに解説と共に指示してくれますので、とても分かりやすいです。
このソフトとこの本、他に確定申告に関する本が1〜2冊あれば、何とか自力でも可能です。
フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。

フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。

きたみ りゅうじ
1,540円(07/07 15:00時点)
発売日: 2005/12/08
Amazonの情報を掲載しています

特殊な収入がある場合は素直に税理士さんに頼みましょう。税法はなかなか難しいです。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください