最近、結構頻繁にブログを書いているのだが、次の展開を考えるようになってきた。
ブログというのは単純な「情報発信ツール」である。
日記を発信する人もいれば、自分が持ってる情報を発信する人もいる。
私のようにいくつもブログを構築していて、それぞれ違う情報を発信している人も少なくない。

更にはmixi、twitterのような情報発信ツールを使う人もいるだろうし、Frickrなどで写真を発信している人も多い。
最近は動画の制作も手軽になってきたので、動画をYouTubeなどで発信する人もだんだん増えてきた。
これら、自分自身が発信している情報をまとめる場としてブログを使う人も増えている。私も一部まとめている。
しかし、私個人としては「どうも違う」ような気がしている。
去年の夏頃から時々耳にする「ライフストリーミング」という言葉。
これだけサービスが散在してきて、それぞれが使いたいサービスを組み合わせて使い始めた今、ライフストリーミングサービスというものの有用性が出てきたような気がする。
しかし、いろんなサービスとの結合を試みる必要があり、かなり大変そう。
折を見て、自分の情報を集約するためにも、そんなサイトを作ってみようかと思っている。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください