OpenMediaLaboratory Blog

ガジェットや模型、ゲームや役立つ情報をお届け

どこまで覚えているか分かりませんが、ちょっとまとめておきたいと思います。
年代は結構アバウトです。

時々追記中・・・・

1984年(13歳) SONY HB-55 (MSX)
当時、ファミリーコンピュータ(ファミコン)とファミリーベーシックが欲しくて、お小遣いやお年玉を貯めて、さらにクリスマスプレゼントなどひっくるめて買うつもりだったが、両親が「これからはパソコンがいいんじゃない?」と言って足りない分を出して買ってくれたのがこれ。
結局、この出来事が僕の人生をほぼ決めた。その後、中学の先生の言葉などもあったけど、ほぼこれで決まった感じ。
データ保存用のテープレコーダーや専用のテレビなども一緒に購入。
それから「マイコンBASICマガジン」や「MSXマガジン」を見ながらプログラムを打ち込む日々。よく消えたよなあ・・・ブレーカー落ちて。

1987年(16歳) SONY HB-F500 (MSX2)
高校に入ると同時に買ってもらったのがこれ。
確か、HB-55が壊れて、その頃、父が麻雀ゲームにハマってて、それもあって買ってもらったような気がする。
初めてのフロッピーディスク。テープより読み込みが速いのに感動した覚えがある。

1989年(18歳) NEC PC-9821UV11
高校卒業前、専門学校への進学が決まったときに買ってもらった。
これと一緒に音楽ソフト「ミュージくん」も購入。
このマシンでプログラムを相当覚えました。

1992年(21歳) EPSON PC-386GS
何か・・・仕事の関係で買った記憶あり。
初めてのハードディスク内蔵マシンだったんじゃないかな。

1993年(22歳) Apple Macintosh Quadra650
初めてのMac。ある意味ここで人生がもう一つ大きく変わったかもしれない。
音楽やりたくてキーボードや音源モジュールなども一緒に購入。確か50万くらいローン組んだ記憶。
Canonのお姉さんがいろいろと手配してくれて、いろいろとサービスして頂いた。
このマシンは10年近く使って、ピアニストの中尾さんという方にもらわれていきました。

1995年 EPSON PC-486GR
PC-386GSが壊れたため。
確か、量販店の人にパソコン教える代わりに相当安くしてもらった記憶がある。
会社でMacを使い始めたのがこの頃。PowerMacintosh 7100。

この頃、いろいろなことをやってた気がする。
ジャンク寸前の5インチハードディスクを買ってこれに繋げたり・・・いちばん勉強していたし、いちばん楽しかった時期。
Nifty-Serveに出入りを始めたのも確かこの辺り。

1996年 TOSHIBA Libretto 20
JR通勤だったため、通勤中に使うマシンが欲しくて購入。

このあたりから自作DOS/Vマシンが常に自宅にある

TOSHIBA Libretto 50
SHARP Mebius (型番不明)
IBM ThinkPad S30
SONY VAIO PCG-TR2/B

Apple Power Macintosh G5
知人がお金に困って「買ってくれ」と言ってきたので180,000円くらいで購入。
あまりに電気を食ってエアコンと一緒に使えなかったので1年使わず売却。

2007年? Apple MacBook (C2D 2nd model)
今の相方は既にIntel化されたMacBookを持っていて、それを見て「欲しいなあ」と。
それからメモリ1GB搭載したモデルがリリースされたタイミングで購入。
これが久しぶりに自分で購入したMac。

Acer Aspire One

2010年6月 Apple MacBookPro 15′ (2010 mid)
2011年7月 Apple MacBookAir 13′ (2011 mid)
2012年6月 Apple MacBookPro with Retina (15inch – 2012 mid)
2012年7月 Apple MacBookAir 11′ (2012 mid)

Apple iMac (21.5inch – 2009 Late)
相方の妹が使っていたのを引き取る

2013年10月 Apple MacBookAir 13′ (2013 mid)
nobiさんこと林信行さんと福岡で待ち合わせした時に購入。
もうすぐ次がリリースされるという噂があったので、nobiさんに「なんで今のタイミング?」と言われた、とても思い出深いマシン。

2015年6月 Apple MacBookPro with Retina (15inch – 2015 early)