と、若干あいまいなタイトルにしてみましたが、実は既にシタデル大量注文状態です・・・・
筆塗り塗料として最近とあるサイトで取り上げられている「シタデルカラー」。
興味を持って、初心者セット?のようなものはとりあえず買っていたのですが、まだ使っていませんでした。

水性塗料で匂いがほとんどなく、筆塗りに向いている・・・ってどっかで聞いたことあるね・・・

シタデルカラーの特徴と言えば
・水性塗料
 なので、筆もパレットも水洗いできる
・匂いがほとんどない
・乾燥が早い
・乾燥した塗膜の上に塗装しても下地が溶け出てこない
・隠蔽力が高い
・塗膜が強い
・・・・どっかで見たことあるコメントばかり・・・・
私、ファレホで痛い目見てるので、今度ばかりはかなり慎重です。
(ファレホは絶賛オークション中です/2017.5.31現在)

とりあえず初心者向けのセットみたいなのを購入

なので、シタデルについてはどんなに褒めた記事を見ても慎重でした。
まずはこちらを数ヶ月前に購入。


意外とどこも在庫がないので写真のみ。
内容はこんな感じです。

塗料の容量はとても少なくて3ml程度。製品版が12mlですので1/4です。
塗料が13色、それにニッパーと筆、接着剤が付いています。
これで定価4,600円。まあ高いですね・・・・
ただ、これに付いてくる筆が結構いいんです。
シタデルは筆やニッパーなどの工具類もリリースしてるのですが、筆はマジでシタデル買ってもいいんじゃない?というくらいのレベル。
まあ高いので値段考えると他のメーカーの筆と悩んでしまいますけどね。

とりあえず塗ってみた感想を・・・・

とりあえず塗ってみた感想。
サーフェイサーは必須かなあ。
今回はサーフェイサーなしで塗ってみたけど、最初はやはり弾きます。
なので、サーフェイサーなりプライマーなり、下地が必要でしょう。
それでも一度色が乗ると発色はかなりいいです。隠蔽力がとても高い。
そして乾燥が早い!
コレすごい!ファレホってなんだったの?ってレベルで乾燥が早い。
それに乾いてもベタつかない!これ重要!
ちなみに私の感覚では1パーツ塗って、次のパーツ塗って、3つ目のパーツを塗った辺りで最初に塗ったパーツはもう触っても大丈夫、という感じ。時間にして10分弱かな。
なので、どんどん塗れます。
パレットシート的なものと、プリン容器にでも水入れて持ってきて、筆とシタデルカラーあればさっくりと塗装できます。
筆塗りに向いてる、という塗料なので当たり前なのですが、筆ムラが出にくいです。
これもファレホの時はまあまあ筆ムラが出て苦労したのですが、シタデルはほぼ出ない。
塗った後にクリアでも吹いてしまえば、全然筆塗りとは分からないのではないか?というレベル。
と、ここまで書いて塗った写真がないのですが・・・・一応完成するまで待って下さいませ。
この後にアップ予定の某プラモでお試し中です。
また、買って全然手を付けてない某プラモもシタデルで塗装してみようか、と思ってますのでこちらも気長に待ってください。

塗装の概念を変えるか?と言われると

最近、シタデルカラーを取り上げたブログを多く見かけますが、「塗装の概念が変わる」などという大層なコメントを書いてるところもあります。
が、敢えて言います。「塗装の概念が変わります、きっと」。
もうちょっと大物を塗ってみないと何ともですが、多分これなら1/700の駆逐艦とか軽巡洋艦、重巡洋艦くらいなら塗れるかも。
というか、一つ塗ってみます。
また、1/24 自動車のエンジンルームくらいなら実用に耐えうるレベルで塗れそうです。
というわけで、シタデルについてはもう少し検証してみます。

1コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください