1/144 RG ガンダム RX-78-2を仕上げました。と言っても塗装なしの素組みです。
一気に仕上げて、時間にして4〜5時間くらいでしょうか。
今回はガンダムを作った感想、というよりはRG(Real Grade)を製作した感想を書いてみたいと思います。

ガンプラ RG 1/144 RX-78-2 ガンダム (機動戦士ガンダム)

ガンプラ RG 1/144 RX-78-2 ガンダム (機動戦士ガンダム)

2,512円(10/24 16:52時点)
Amazonの情報を掲載しています

組みやすい、とにかく組みやすい

率直な感想としては「組みやすい」ですね。
確かに細かいしパーツは多いので、率直な感想としての「組みやすい」はどうかと思うところもありますが、まあ組みやすいです。
接着剤なしで素組みして4〜5時間が組みやすい部類に入るかどうか、人それぞれかと思いますが・・・

バンダイの金型技術の素晴らしさを再確認

もうバンダイのプラモ作るといつも思うのですが、やはり金型技術がハンパないっすね。
どこをどう組んでも「しっかり合う」のです。
「あれ?合わないな、パーツ悪いのかな」と思っても、自分の組む方向が悪かったりして、正しい方向に合わせるとカッチリと組める。
これはもう安心感以外の何ものでもありません。「合わなければ向きや角度が悪い」というのは確実に分かってますので。
また、塗装しなくても結構な見栄えになります、相変わらず。
もうビックリですよ、これ。
それにRGに関しては合わせ目処理もいらない作りです。HGもさほど合わせ目処理は不要ですが、まあそのレベルではないですね、すごいです。

完成してみると・・・頼りない感じ

がしかし、完成してみると、ちょっと頼りない感じです。
まあ可動範囲を広げたり、合わせ目が出ないように、とか、塗装しなくてもいい作りにすることを優先したことによって、稼働させると何か不安定だし、作ってる最中もちょっと不安定な感じ。
もう少し可動範囲は狭くてもいいので、安定させて欲しいかな。

個人的感想でしかないのですが・・・作ってても面白くない

えーと、これ言うと元も子もないのですが・・・作ってても面白くありませんでした。
というのは、やはり完璧すぎるんですよね、パーフェクト。
手を入れる余地が見えないというか、変に手を入れると稼働しなくなるんじゃないか、とか、バランスが崩れるんじゃないか、とか・・・
なので、塗装すらする気にならず、デカールすら貼らないという・・・
自分の手心を加えるスキがないんですよね。
1/144 HG サザビーを作ってたときほど楽しくなかったんですよね、ワクワクがないというか。
あ、サザビーは後日掲載します。

私はRGシリーズはもういいかな・・・

というわけで、私はRGシリーズはもういいかな・・・と思っています。
やはりHGくらいが手を加えやすくていいかもしれません、私には。
価格も安価ですし、ほどほどに動くし、色も塗りやすいし、加工も心置きなくやれそう。
なので、次がRG Zガンダムを買おう!と思っていましたが、やめます。
リックドムとか、その辺を買おうかな・・・とりあえず先日買ったシャアザク組みます。


プレミアム バンダイ

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください