久しぶり?のプラモデル雑誌ご紹介です。
Model Graphics 2016年4月号は「脱ビギナー!ガンプラ製作+1テクニック」
表紙のバルバトスがとてもかっこいい、そんな1冊です。

特集が今回は最高!ガンプラ製作のテクニック紹介

今回は特集がすごくいいですね。
最初は1/100 バルバトスのディテールアップテクニックが紹介されています。


1/144を作っていた時に気になっていた部分がしっかりとディテールアップされています。
特に胸部や動力パイプ、肩と首の間のパイプなどは1/144にも応用できそうです(サイズの問題があるので、細かい作業にはなりますが・・・)。
また、この手の改造ではほぼ当たり前になっているのがエッジの処理。
プラスチックの、というか、金型の性質上、どうしてもエッジは丸めになってしまうので、そこをしっかりと立てる(尖らせる)ことでより精巧さが増します。
エッジの処理やフチのカンナがけについても解説。ほぼ教科書みたいな構成です。
他にもセミスクラッチビルドや3Dプリンターを使った改造などなど、内容充実です。
さらには最近なぜがとても多いツール紹介もあります。
barbatos1

ちょっとブームが来そうなバイクプラモもあり。HONDA CB400FOUR

さて、今年は来そうな予感がするバイクプラモ。
その空気を読んでなのか、久しぶりな気がします。バイクプラモ。
今回は改造不要、ディテールアップ不要なすごいモデルがリリースされたということらしく、HONDA CB400FOURが取り上げられています。


内容を読んでみると、バイクプラモの製作過程がしっかり紹介されつつ、このキットの特徴である「超精密」な部分もきちんと紹介してあり、ページ数は少ないけれどもかなりの良記事になっています。
個人的にはこれ、後2〜4ページくらい割いてくれてもいいんじゃないかな?と思っています。というか、バイクプラモをまた作りたくなります。

1/350駆逐艦特集もあり。島風2社と陽炎を紹介

最後は連載となっています「艦これ」シリーズ。
今回は1/350の駆逐艦が紹介されています。
島風の1/350が艦これの島風ちゃん入りでリリースされ、そのキットを作ったハセガワから「島風・最終形」がリリースされました。
フジミからは「艦NEXT」シリーズとして島風がリリースされています。
なお、タミヤは「陽炎」や「雪風」がリリースされていますが、今回は「陽炎」が紹介されています。

「脱ビギナー」といわず、中級者あたりまでお勧めできる1冊

ガンプラ作ってる人はとりあえず買っておいて損はしないんじゃないかな?と思います。
特に最近、いろいろな雑誌でプラモデルが紹介されてますので、それを読んで出戻りモデラーになったり、新たに始めたり、という方にはかなりお勧めできます。

モデルグラフィックス 2016年 04 月号 [雑誌]

モデルグラフィックス 2016年 04 月号 [雑誌]

発売日: 2016/02/25
Amazonの情報を掲載しています

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください