久しぶりの投稿です。そろそろ投稿ペースを上げていきますね。
そんな今回は、積みプラを減らそうと一気に組んだ「RG 1/144 シナンジュ」のご紹介です。
完成写真と共にお届けします。

シナンジュといえば、先日の「全ガンダム大投票」で26位にも選ばれた人気モビルスーツ。
私はサザビーが好きですけど・・・・

リリース当時、相当話題になった光沢のあるパーツ

この「RG 1/144 シナンジュ」、リリース当時、かなり話題になりました。
それはグロスインジェクションの採用です。
これは塗装をしなくても艶々な質感になるという、組む方としては塗装の楽しみが・・・・と思うか、塗装しなくていい!と思うか微妙なライン。
この辺り、後で触れます。

Real Gradeなので骨格がベース。だけど組むときは部位ごと

Real Gradeといえば、最初に骨格を組んでそれに肉付けしていくイメージで組んでいくのが定番でしたが、シナンジュはMGなどと同様に部位ごとに組んでいくスタイルになっていました。
RGガンダムを組んだことがあるので「どっちがいい?」と言われると・・・まあどっちでもいいかな、と。
ただ、部位ごとではありますが、外装まで早めに見られるのでテンションは徐々に上がってきました。

では写真を・・・

写真を挙げて見ます。

正面・・・少し傾いてますが・・・すみません。

後ろから。

いやーかっこいいですね、さすが。

横。

次は足下・・・好きなんですよね。

盾まで含めた横図。

写真で見ると結構いい感じですね。

総評、というか、雑感、というか

RGガンダムよりは楽しかったです(爆)。
なんというか、ゴールドパーツと黒パーツの組み合わせとか、「すげーな」と感心するところばかり。

ただ、全体的にちょっと詰めが甘いというか。
グロスインジェクションにするなら、ランナーから切り離すところなどはもっと詰めてもよかったのでは?
結構見えるところにランナー跡が残ってしまいます。かといってヤスリかけるとグロスが落ちてしまう。
キレイに仕上げたい人にはかなり悩みどころかと思います。

今回は添付のシールではなく、別売りのガンダムデカールを使って見ました。
ガンダムデカール、質が落ちてませんか?

[amazonjs asin=”B078C5HZ25″ locale=”JP” title=”ガンダムデカールNo.115 RG 1/144 シナンジュ用”]

数年前に何かで使った時より乗りが悪いし、すぐに破れる。
こういう時のために・・・と買っておいたこれ、タミヤの「デカールのり」が大活躍でした。
デカール貼る人は1本持っておくと何かと重宝します。

[amazonjs asin=”B00T96SKDA” locale=”JP” title=”タミヤ  デカールのり 【メイクアップ材シリーズ No.176】【87176】”]

デカール貼ったのはいいけど、クリア吹いていいのか分からず。
とりあえずそのままにしてます。

今回は「塗らない」と決めて作ったのでランナー跡なども仕方ないなーと思ってますが、ちょっと半端だなーと。
作る側がいじる余地を残さないなら、徹底的に残さない、残すならもう少しいじりやすいところに落としどころを設けて欲しい。
話題の「フミナ」にも同じような傾向が見え隠れしているので、正直どうなることやら・・・と。

ただ、ちょっと細かいのを組みたい、とか、少し複雑なものにチャレンジしたいとか、そういう人にはオススメできるキットです。
完成したときの満足度は高いです。amazon辺りだとだいぶ価格も落ちてますので、まだ作ってなくて興味ある人はチャレンジしてみてもいいかと思います。

完成まで、素組みでだいたい7時間、デカール貼るところまで含めて10時間くらいでした。

[amazonjs asin=”B01GHDAQYS” locale=”JP” title=”RG 機動戦士ガンダムUC MSN-06S シナンジュ 1/144スケール 色分け済みプラモデル”]

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください