最近、かなり勢いがある模型メーカーの1つ「コトブキヤ」。
今年もフレームアームシリーズやメガミデバイスなどを展示、入り口すぐに大きなブースでアピールしていました。

とにかく写真が多いので、まずは「メガミデバイス」から。

サイズ感やコンセプトを考えるとコラボがやりやすいので、いろんなメディアやキャラクターとのコラボが始まってます。

[amazonjs asin=”B07F1J2KH5″ locale=”JP” title=”メガミデバイス SOLラプター 全高約180mm 1/1スケール プラモデル”]

[amazonjs asin=”B079X5RXVG” locale=”JP” title=”メガミデバイス Chaos & Pretty ウィッチ 全高約140mm 1/1スケール プラモデル”]

その傾向は「フレームアームガールズ」でも。

初音ミクコラボなど、こちらでも積極的です。

個人的にはこれ気になってます。轟雷ちゃんのちっちゃいバージョン。

[amazonjs asin=”B07D15BH9Q” locale=”JP” title=”フレームアームズ・ガール グライフェン 全高約150mm NONスケール プラモデル”]

これ、気になってたんですが、コトブキヤブースではなく、別のブースに展示ありましたね。
ちょっとこれは欲しいです。
[amazonjs asin=”B07B96G9Z6″ locale=”JP” title=”フレームアームズ・ガール&ラピッドレイダーセット〈フレズヴェルクVer.〉 全高約150mm NONスケール プラモデル”]

こちら。プラモデルではなく、完成塗装済みだそうです「バーセラルド」。
かなり力入ってますね。

そして、今回かなり推されてました「ヘキサギア」シリーズ。
こちら私は完全にノーチェックでした・・・

「ヘキサギア」シリーズの特徴は、「ヘキサグラムシステム」にあります。
6角形の汎用ジョイントである「ヘキサグラムシステム」によって、フレーム・アーマー・ウエポンなどを自由にカスタマイズでき、自分のオリジナルの機体を作ることができます。
つまり「プラモデル」に「ブロック」の要素を組み合わせた新しい価値観を持った商品群になります。

ZOIDにも似た世界観、一つ作ってみたいです。
バンディットホイールかな、作るなら。かなりカッコよかったです。

[amazonjs asin=”B06XNN1TDG” locale=”JP” title=”コトブキヤ ヘキサギア ガバナー アーマータイプ:ポーンA1 全高約74mm 1/24スケール プラモデル”]

[amazonjs asin=”B07FKQ23BF” locale=”JP” title=”ヘキサギア バンディットホイール 全長245mm 1/24スケール プラモデル”]

そして、コトブキヤといえば「M.S.G」シリーズ。こちらもいろいろとリリースされるようです。

「M.S.G」シリーズはフレームアームシリーズ・フレームアームガールズシリーズなどへの流用も可能で、自分のオリジナル機体を構成することが出来ます。
ガンプラに使う人も多いです。
ここをベースにヘキサギアなどが開発されているようですね。

[amazonjs asin=”B07G7XRGZ2″ locale=”JP” title=”M.S.G モデリングサポートグッズ コンバートボディ 全高約140mm NONスケール プラモデル”]

最後にこれ、もうすぐ最新版ゲームもリリースされる「Air Combat」。

と思ったらもう一つありました。
スクエアエニックスのゲームでしょうか、「星と翼のパラドクス」とのコラボのようです。

写真が多くてこれでもだいぶ削ったのですが、それでも多いですね。
今回は全体的に写真多めでお届けします。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください