タミヤブースを表現する言葉がいつも思い浮かばないのですが、何というか、他のブースとはいつも雰囲気が違うんですよね。
今年はブースに着いたら第一線に会長が立って説明してらっしゃいました・・・えーと、そこは社員に任せてもいいんじゃないでしょうか?
今年もご多分に漏れず、独特な雰囲気でした、世界の「タミヤ」ブースです。

今年のタミヤブース、正直個人的に惹かれるものがあまりなかったのですが、それでもよいラインナップでした。

まずは「スピットファイヤ Mk.I」

「YAMAHA YZF-R1M」

そしてとても力の入っていた展示が「ミリタリーミニチュアシリーズ(MMシリーズ)」。
今年50周年だそうです。

ディテールアップパーツがものすごくフューチャーされていたのがこれ。
1/35 アメリカ空挺戦車 M551 シェリダン エッチングパーツ メタル砲身セット
併せて、コンバットレーション用カートンもリリースです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください