eスポーツ、ゲーム情報は GameFields へ移設しました

自宅PCのマザーボードを入れ替え。ASRock X570 Velocitaを購入。

今年の6月に「これでしばらく戦えるかなあ。もうすぐ2年なので、あと半年~1年でCPUとマザーボードも考えないといけないですね。」なんてことを書いていたのですが、1ヶ月ちょっとで買い換えました、マザーボード。
Amazonのセールで安くなってたんですよね。今回はASRockです。

今回買い換えたマザーボードはこちら。

ASRock「X570 PG Velocita」です。

もちろんRyzen5000番台にも使用できます。
本当はもう1年待って、次のRyzenで、というのも考えたのですが、次のアップデートはCPUの5000番台がもう少し安くなったタイミングで・・・でもいいかな、と思っての買い換えです。

後は、フロントのUSB-C端子をそろそろ使いたいなー・・・と。
USB-C接続のSSDをいくつか持ち歩くようになったので、それであればフロントをそろそろ活かさないと面倒です。これで前と後ろで2個のUSB-C端子が使えるようになりました。

決して今まで使ってたマザーボードがよくなかった訳ではありません。

ASUS TUF GAMING X570-PLUS(WI-FI)。
結構いいマザーなんですよね。

今となってはフロントUSB-C端子が付いてないのがかなり致命的ですが・・・
このマザーボードはそのうち使います。今使ってるCPUをアップデートしたら、古いCPUを乗せて1台組もうと思ってます。何に使うのかは置いといて・・・
まあ売却してもいいんですが・・・5000番台も動くので、全然使えると思います。

さて、X570 PG Velocitaです。

ASRockのGAMINGブランド(Phantom Gaming)なので、それっぽいデザインです。

マザーボードを組み込む時には配線とかいろいろ考えてしまうので、毎回かなり時間がかかります。
当方の自宅マシンはファンシステムが統一されているので、ファン同士を繋ぐケーブルなどもあり、しかもそのケーブルがかなり長めなので、余計に配線をまとめるのが大変です。

で、組み上がった結果、トラブルに見舞われました。
そのお話はこちら。

あわせて読みたい
自作PCがトラブルに見舞われたここ1ヶ月。最終的には電源交換で解決。 自宅で使っている自作PCがしばらく不調でした。そもそもの原因として考えられるのは、M/Bなどを交換したことでしょうか。まあ、それが本当に原因なのかは分かりませんが...

まあ、メモリを変えたり、この直前にM.2.SSDを変更したり、ということもしたので、消費電力が増えたのかな?と思っております。結果としていろんなものがアップデートされて快適になりました(笑)、結構な出費でしたが・・・・(泣)。
不幸中の幸いはCPUの交換に手を出さずに済んだ事でしょうか、そこに手を出していたら50,000円くらい追加の出費でした、はい。

これでしばらくは戦えますね。後はCPUのアップデートのタイミングです。
できればこの辺りに手を出しておきたいところ。そうすれば、そこから2年は戦えそう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらシェアしてくださいね

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる