昨年10月に「Shadersと影MODのテストをしてみた」ということで、古いMacBookPro Retinaでのテスト状況をアップしてみました。
その時に予告していました、最新MacBook Proでのテストを遅まきながら・・・・

例によってテスト環境から

まずはテストした環境から。

MacBookPro Retina 15′ (2015 mid)
 CPU : 2.5 GHz Intel Core i7
 Mem : 16 GB 1600 MHz DDR3
 GPU : AMD Radeon R9 M370X 2048 MB
MineCraft 1.9
 Forge 1.9-12.16.0.1830-1.9
 OptiFine 1.9.0_HD_U_B1

 ResourcePack TEX_D2_32x_1.9

OptiFine + TEX-D2

まずは基準としてOptiFine + TEX-D2から。

Minecraft_1_9

af0f3333d389cf6684069ce9c276bfd4

これを基準として見てみます。

前回とは順番が違いますのでそのつもりでご覧下さい。

DocteurDreads Shaders v02

まずは「DocteurDreads Shaders v02」から。

全体的に軽めです。この辺り、最新マシンなだけあります。
テストした中でいちばん重い「Ultra」でもプレイ可能、キレイな画面でそのままプレイできます。
ただ、やはり部屋の中などは暗めですので、この辺りで調整が必要かと。

Lite

5295f22762a4eb4a5acfe1ea848375e4

Minecraft_1_9_1
動作:軽い。プレイも余裕で可能
明るさ:部屋が暗めなので要調整

Medium

f3485219be65ca6c67ec703b00338dda

5e041cfccc704ce8cf4dda9ee6c28afe

Minecraft_1_9-2

動作:軽い。プレイも余裕で可能
明るさ:部屋が暗めなので要調整

Ultra

Minecraft_1_9-2

Minecraft_1_9_1

Minecraft_1_9-3

動作:軽い。プレイも余裕で可能
明るさ:部屋が暗めなので要調整

KUDA-Shaders v6.2.81

次は「KUDA-Shaders v6.2.81」。
多分、前回テストした「CUDA」の後継だと思われます。

こちらも随分軽いのでMediumからテストしてみます。

Medium

Minecraft_1_9_1-1

Minecraft_1_9-4

5e041cfccc704ce8cf4dda9ee6c28afe-1

動作:軽い。プレイ可能
明るさ:部屋が暗めなので要調整

Ultra

Minecraft_1_9_2-1

Minecraft_1_9_1-2

Minecraft_1_9-5

動作:若干重め。プレイはなんとか可能
明るさ:部屋が暗めなので要調整

外の風景、Mediumと比較すると色が違いますが、時間帯が違います。

Sildurs Vibrant Shaders v1.13

次は「Sildurs Vibrant Shaders v1.13」。

こちらはMediumのみです。

Minecraft_1_9_1-3

Minecraft_1_9-6

5e041cfccc704ce8cf4dda9ee6c28afe-2

動作:普通にプレイできるが、時々重くなる
明るさ:明るいのでプレイに支障なし

やはりGPUの性能が大きいのかも

グラフィック周りなのでやはりGPUの性能は大きい様子。
Windowsだともっと選択肢が増えるのでしょうけど、Macでこれ以上を求めるとiMac 5Kとか、その辺りになりそう。

ただ、相変わらずSEUSは動かず・・・何か理由があるのでしょうね。

1コメント

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください