さて、最近あまり製作例的なものを載せていませんでした。ええ、全く作れてなかったのですよ・・・
ブログを見ている知人連中から「そろそろ何か作れよ」と言われ始める前に、次の製作日記を・・・というほどの日記は今までも付けてないのですが。
何はさておき、久々の艦船模型です、鳳翔です。

よりによってなぜ鳳翔か?と言われても何とも言えないのですが・・・・買ってたんですよ、昔、衝動買いという奴です。
しかも、なんか中途半端というか、エッチングパーツなどもほとんどない1944モデル。
ただどうやら1939年モデルのエッチングパーツや木甲板などは使えるという話も聞いています。
(とりあえず注文してみました。到着してから改めてレビューなりしたいと思います)
しかも、これ、甲板丸ごとエッチングパーツが付いていまして、結構大変なんです、ええ。
しかも、既に商品はほとんど在庫がありません。
※2016.12.14現在:こちら、在庫ありました。
日本海軍 航空母艦 鳳翔 1944年 (昭和19年) フジミ (プラモデル)

で、とりあえず、ということで甲板から取りかかっています。
こんな桁を・・・

こんな感じで組んでいきます。

もう細かいのと溝が合わないのと、で、かなり大変でした。
というか、最終的に合ってないところが多数・・・まあいいでしょう。
あと、もう1箇所。
スポンソン裏の三角梁です。

ここ、組んだ後に気付いたのですが、真ん中に柱が入るので、その分をプラ棒当てておかないといけなかったんですよね・・・

ちなみに使ったのはこれ。「三角板」とか「穴あき三角板」で検索するとよさそうです。


他にももう少し製作進んでいますが、そこはまた。
ちょっといろいろあってキットが一気に増えたので、本腰入れて作らないといけませんね。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください