OpenMediaLaboratory Blog

ガジェットや模型、ゲームや役立つ情報をお届け

アフィリエイトのアクセストレード

1/24 TAMIYA NSX (旧) を製作中に「マスキングガム」を使ってみた・・・夏場は注意?!

2017.7.19  プラモデル

最近あまり更新出来てませんでした・・・すみません、モチベーションが上がりません。
そうもいってられないのでこれから更新していきます。
さて、プラモデルもあまり作れてないのですが、とりあえずこいつから。

現在製作中なのは「HONDA NSX」旧モデル

現在製作中なのはこれ。

エッチングパーツなどはありませんが、ホイールだけは今回これを使います。

HOBBY DESIGNの「WORK MEISTER S1」です。

レジンパーツ、使ったことないのですこしドキドキです。

で、マスキングガムを使ってみた

今回の本題はこちら。

「マスキングガム」です。

これ、何かというと、マスキング用のガム、です。
ガムという表現は馴染みが薄いかも知れませんね、粘土みたいな感じです。

これを練り練りして、マスキングしたいところにペタペタと貼っていきます。
マスキングテープは直線向きですが、複雑な形状・・・作例で多いのは「迷彩塗装」でしょうか・・・をマスキングしたいときに使います。
買ったまま放置していたので、今回、満を持して使ってみることに。
というか放置してるのが多いのでこれから徐々に使っていきます・・・

マスキングガム、とても便利かも

で、使った感じがこちら。

練るとだんだん柔らかくなって、形状を自由に変えることができるようになります。
後はマスキングしたいところにペタペタと貼っていくだけ。
かなりいいかも・・・もっと早く使い始めればよかった。

ちなみにこれは再利用可能だそうです。
一度使ったものも練り込めば粘着力は維持されるようです。
ただ、色はどんどん変わってくると思いますが・・・・

夏場は要注意

ただ、夏場は注意が必要かもです。

というのは、当方、塗装後、乾燥させるのに外に置いていたら・・・マスキングガムが溶けて一部垂れ落ちていました。
しかし、今回の場合、それがとてもよい効果になっていて、マスキング部分が逆にキレイになっていました。
凹みにキレイに溶け込んでいる、というか。

室内に置いていても溶けて垂れていましたので、夏場は要注意かもしれません。

面倒なマスキングが少しだけ楽しくなる、そんなアイテム

プラモデルを作る工程で比較的面倒な部類に入るのが「マスキング」です。
そんなマスキングを少し楽しくしてくれるのが「マスキングガム」じゃないかな、と思います。

かなりオススメアイテムの一つになりそうです。

購入はG Partsさんにて。380円(税込)です。
ホライジング – マスキング ガム(35g) – G PARTS [ジーパーツ] * 模型用工具・ツール・プラモデル改造パーツ・メタルパーツ・ガンプラ改造パーツ他模型材料専門通販ショップ~

同じような商品で「パンツァーパテ」というものもあります。が、ちょっと高いですね。

Author: webmaster | 0 Comment


Comments

コメントを残す





U-mobile