GSIクレオス、相変わらず塗料分野での新商品が多く、今回はかなり衝撃なものも展示されていました。
塗料や関連品、その他もろもろ今回もいろいろとあり、どうご紹介しようか悩んで今日になりました・・・・
では、とりあえず。

模型をやってる人なら必ず何かしら持っているでしょう、GSiクレオスの商品は。

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、GSIクレオスは元々繊維メーカーであるグンゼ株式会社の関連会社です。

グンゼ株式会社

従って、GSIクレオスは繊維メーカーでもあります。
ちなみに東証一部上場企業でもあります(東証1部 8101)。

まずは海外メーカー、MENGの展示から

GSIクレオスはMENGの日本代理店ですので、MENGの展示もありました。



こちらもやはり艦船が目立ってました。

mengのミズーリ、ビスマルク、これ色プラなんですね。
しかも接着剤がいらないスナップフィットだとか・・・・それでこの精密度ってさ・・・・かなりレベル高いですよ。
この辺りはどうしてもバンダイの技術力が日本では大々的に報じられますが、海外メーカーもなかなかレベル高いのかも、と今回の展示で考えています。
一隻買ってみようか、と思いました・・・・いや、もう少し後かな、買うにしても。

今回いちばんの衝撃「ガンダムマーカーエアブラシ」

なんだこれ?とマジで思ったのがこれ。

この距離で見た時に目を疑いました。で、アップ。

ガンダムマーカーエアブラシシステム、だそうです。
ガンダムマーカーをエアブラシにする、という、それだけのシステム。どんな意味があるのか分かりませんが・・・・

ちなみにエア缶を使ってる理由は空気圧がエア缶の方がコンプレッサーより高いから、とのこと。
恐らくここで言う「コンプレッサー」は模型用で販売されているものを指すと思います。
私が使っているAirtexであれば多分大丈夫・・・・

おもしろい商品であること、今年の展示でいちばんの衝撃であったことは間違いないのですが、期待度はそれほど高くはない商品でもあります・・・・うん、どうなんだろう。

Mr.スーパーブースの新版も登場

塗装ブース、新製品がとても少ない分野ですが、久々の新製品です。

Mr.スーパーブースコンパクト

従来品の欠点をいくつも改良し、コンパクトかつ取り回しをしやすいように改良した、とのこと。

従来品よりも随分小さくなってますね。
また、従来品をコンパクトサイズにするためのアタッチメント?もリリース予定です。

次、買い換える時の候補ですね、これは。

その他、塗料関係などなど

その他、気になった商品です。

まとめてご紹介しました。
主に塗料などですが、ブラッドレッドなどはいわゆる血の表現などに使うそうで、そういうジオラマを製作される方には重宝されそうです。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here