今年初開催だった福岡での「九州ホビー祭」にて購入したゴッドハンドのガラスカッターマット。
B級品だったのですが、開けてみると使う分には全然問題ない、というか、どこがB級品なのか?という状況。
しばらくこういうのを使う機会がなかったのですが、ちょっと使って見ました。

模型などで使う「カッターマット」といえば、だいたい一般的なのは下記のようなものです。

[amazonjs asin=”B000CEF5R2″ locale=”JP” title=”オルファ(OLFA) カッターマットA4 (225x320x2mm) 134B”]

私が使ってるのもこれです。

とても使いやすくていいのですが、大きな難点は「汚れやすい」「ラッカーで表面のマス目が消えて汚くなる」という2点。
あと、エッチングパーツを切るには柔らかすぎて曲がります。

なので、エッチングパーツを切る時は薄い板の上で切っていました。
それでも曲がったりして「どうするかな」と思っていました。

「ガラスカッターマット」の存在は知っていたのですが、なかなか手が伸びず。
普通にガラス買おうか・・・とも思ったのですが、角の処理とか考えるとなかなか。

で、九州ホビー祭で見かけたこれを買ってみました。

売り切れなのが残念ですが・・・再販予定もあるみたいなので気長にお待ちください。

実際、使ってみた感想ですが、エッチングパーツ切るには最高かも知れません。

ガラスの性質か、切った後も飛びにくい印象。
汚れても汚れが取れやすくて、ガラスなので傷も付きにくく、キレイな状況を長く保てそう。

これは思ったよりいい商品です。

値段が少々張りますが、しばらく使えると思います。
オススメ。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください