実はリリース決まった時からかなり楽しみにしてきました。「ACE COMBAT 7」。
PS4を持っているにも関わらず、PS4版が先にリリースされたにも関わらず、Steam版つまりPC版がリリースされるまで待ちました。
で、2019年2月1日リリースされ、某サイトで少し安くなってた(日本円で6,000円程度)ので思いきって買いました。

PS4版は2019年1月17日にリリースされました。
それから2週間後にPC版がSteamにてリリースされています。

PC版とPS4版

PC版はこちら。

一部のサイトで10~17% OFFくらいでリリースされているようです。
どこで買ってもSteam Keyが支給されますので、最終的にはSteamでの管理になります。

PS4版はこちら。

XBOX ONEはこちら

現在、この3機種向けにリリースされています。

コントローラーがシビアっぽい

評価などを見ているとコントローラー関係がかなりシビアっぽいですね。
私は以前から使っている「XBox 360用コントローラー」を使ってます。
今はもう売ってないのでこれになるのでしょうか。

無線より有線の方がいいと思います。無線方式だとなぜか突然切れます。
Bluetoothは試してないので分かりませんが、多分似たような感じじゃないかな、と思います。

プレイ画面とプレイについて

というわけで、いろいろ書いてもアレなのでプレイ画面を。

ギャラリーにしていますのでクリックして見て下さい。
かなり画面はキレイですし、私の環境だとラグなども発生しません。スムーズです。

現在はEASYモードでキャンペーンを3つクリアしたところです。

EASYモードでも1発クリアは厳しいですね、私の場合。
ただ、今のところ2回目で全てクリアできているのでそこまで難しいわけではないです。

実は3D酔いしやすいので、ちょっと心配していたのですが、最近FPSをプレイするのでそれで慣れたのか分かりませんが全く酔う気配はありません。
というか、多分、なかなか酔う暇がないのではないか?と思います。

とにかく少しでも気を抜くと地面に落ちそうになったり、ロックオンされてしまうので気が抜けません。集中力が付きそうです、マジで。
なので、かなり疲れます(苦笑)。

コントローラーはXBoxコントローラーでも不都合はないです、今のところ。
できれば有線でもう少し軽いコントローラーの方がいいとは思います。マジで「龍が如く0」でも重かった・・・・

専用コントローラーがあるとまた面白いでしょうね、とは思いますが、ほぼ専用機になってしまうので、そこまでするのもどうか・・・とも。

値段も結構しますので、ドップリハマってしまったら考えましょう。私は買いません。

フライトシミュレーターとの違い

フライトシミュレーターも好きだったのですが、ACE COMBATシリーズとは大きく違います。
フライトシミュレーターはかなり実機に忠実かつ厳格です。

ACE COMBATは戦闘機を操作する楽しさを味わうためのゲーム、とも言えます。
なので、忠実な部分もあるけど、そうでない部分もたくさんあります。

飛行機で飛ぶ、という感覚が画面上で比較的手軽に体験できる、そこがいちばんの面白さ、だと思います。

PC版を選んだ理由

最後に私がPC版を選んだ理由です。

大きな理由はもう「手元にそこそこ高スペックのゲーミングPCがあったから」ということになるのですが。
いや、PC版がリリースされるゲームはなるべくPC版を買おう、と最近は思っています。

特にこの手のゲームはフレームレートが高ければ高いほど臨場感が味わえることが分かったので尚更PC版です。
PS4ではフレームレートは60fpsが限界です。PCだとモニタを高フレームレートのものにすれば120fps以上も現実的です。

最近ではWQHD表示(2560×1440)でも高フレームレートのモニタがあるんですね。これいいかも。

グラボはGeForce 1070で結構充分です。
ただ、今買うならGeForce 2070辺りが安いのでオススメです。

PS4版だとVRでも楽しめるようなので、VRで楽しみたい場合はPS4になりますよね。
私はVRは今のところあまり興味がない(爆)ので、とりあえずPC版で問題ないです。

ちなみにマルチプレイも出来ますので、ネットで対戦も可能です。
これ、勝ち負けがハッキリするのでeスポーツにも向いてますね。そのうち、eスポーツで取り上げられるかも知れません。

最後にまだまだ稚拙な私のプレイ画面を貼っておきます。

というわけで、この手のゲームが好きな方は是非プレイしてみて下さい。
思ってるより難しくありません。

PS4版はこちら。

XBOX ONEはこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください