eスポーツ、ゲーム情報は GameFields へ移設しました

DACとしても使えるBluetoothレシーバー、FiiO BTR7を買ってみた

DAC周りは今のところFiiO一択な感じです。
個人的にツボな機器をリリースしてくれるので仕方ないですね・・・
さて、今回もFiiOです。リリース時にとにかく話題になっていた「FiiO BTR7」、在庫が復活していたので購入しました。
Q3やKA3との比較も合わせてやってみます。

FiiO Q3とKA3の記事はこちら。

あわせて読みたい
遂にポータブルアンプデビュー!FiiO Q3 ファーストインプレッション 一部の方からは「まだ買ってなかったの?!」と言われそうですが、ポタアンことポータブルアンプデビューしました。記念すべき最初の1台はFiiOの「Q3」です。2020年10月...
あわせて読みたい
コンパクトなDACが欲しかった! FiiO KA3 ファーストレビュー 私にしてはこの手のものを初めて発売日に手に入れました。コンパクトなDACが欲しくて探していたらちょうどリリースされるという情報を得て即予約しました。FiiO KA3、コ...

どちらも結構満足しているのですが、普段どっちを使う?と考えると主にKA3になっています。
Q3の出番があまりなくなってきたんですよね・・・

ただ、KA3も毎回ケーブルで接続するのも少し面倒になってきました。
ガッツリ聴きたい時はいいんですが、軽い気持ちで聴きたい時に取り出してケーブル繋いで・・・というのが少々煩わしく思う事があります。

そこにBTR7ですよ、ええ。

目次

FiiO BTR7の大まかなスペック

FiiO BTR7の大まかなスペックとしては

DACチップはES9219Cをデュアルで採用

ES9219CはBTR5 2021でも採用されていますね。30,000円台のDACにも搭載されているチップです。

アンプはTHX AAA-28をデュアルで採用

FiiO Q3 2021に採用されているアンプですね。なので音質はまあ間違いないです。

Qualcomm製Bluetoothチップ「QCC5124」採用

Bluetooth5.1対応のBluetoothチップ「QCC5124」を採用しています。
aptX Adaptiveをはじめとした高品位オーディオコーデックへ対応しています。
他にもLDAC/aptX/aptX Low Latency/aptX HD/AAC/SBCなどの多彩なBluetoothコーデックに対応しています。

出力は3.5mmシングルエンド出力と4.4mmバランス出力

一般的な3.5mmシングルエンド出力端子と、4.4mmバランス出力端子を搭載。4.4mmバランス出力はES9219CとTHX AAA-28を左右独立で動作させる完全バランス構成。

サイズは83.6 x 39.6 x 14.6 mm、重量は68gの軽量設計

iiO Q3が110gですので、かなり軽いと思います。

なんとQi規格無線充電対応!連続駆動時間は9時間

個人的にはここがかなり驚きました。Qiでの充電が出来るとのこと。
これって結構大きいかも・・・9時間稼働するのも大きいですね

USB DACとしても稼働

スマホやiPhoneに繋いでUSB DACとしても稼働します。アンプはQ3と変わりませんので音質もかなりいいのでは??

FiiO BTR7 開封

さて、ざっくりと仕様を書いたところで、実物を見てみます。
まずはパッケージから

FiiO製品のパッケージって、価格の割にしっかりしてるんですよね。
今回もご多分に漏れず、しっかりしたパッケージです。レインボーカラーで気持ちがあがります。

開けるとこうなってました。下手な日本製よりもパッケージングがしっかりとしてます。
本体を取り出してみましょう。いやマジで小さいです、これ。

サイズ比較でNOBLE AUDIOのFALCON2と並べてみました。これ、かなり小さいです。
重量も68gとのことだけあって、軽いです。これなら持ち歩きは苦になりませんね。
端子を確認してみます。

3.5mmと4.4mmです。
基板への設置の関係でしょうか、3.5mmがズレてますね。日本製なら多分センターに持ってくる何かをしていると思いますが、この辺りが中華製ということでしょうか。まあ、使ってるとあまり気になりませんが。

裏面にはハイレゾ対応マーク、MQA対応、THXのロゴが入ってます。

添付品です。
ケーブルはUSB-C ~ USB-CとUSB-A ~ USB-Cの2本、それに簡易的ですがケースが付いていました。
でもこのケース、悪くないです。普通に使えます。

視聴してみたら、音質の良さにビックリ

早速聴いてみました。
接続先は iPhone 12 Pro、使用したイヤホンはFiiO FD3PRO/SHURE SE215。

FD3PROを接続してみて初めて聴いた印象は正直驚きでした、あまりの音の良さに。
Bluetoothで繋いだのですが、USB経由?と思ったくらいです。

Bluetoothイヤホンもいくつか持っていますが、そのどれと比較しても確実に音質がいいです。

FiiO Q3との比較ですが、解像度の高さや高音域の鮮明さというか明瞭さなど、ほぼ変わらないどころか、好みはBTR7かな、と思うくらいです。あとはノイズ感がかなり低い、というか、ほぼないです。

SHURE SE215で聴くと、更に全体的な音の芳醇さが増し、とても豊かな音になります。これにもビックリ。

USB-Cケーブルで繋いでみたところ、低音が少し増強され、音圧が少し上がりました。
また、高音がより聴きやすく、Bluetooth接続との違いを感じることが出来ます。Q3と同じチップを使ってるはずですが、それ以外の回路のせいなのか、こちらの方が音が良く感じます。

もう少しいいイヤホンやヘッドフォンを使いたくなりますね、これじゃ。

ちょっとこれは使い倒したくなりますし、下手にDAPとか買うよりはスマホ+これでいいじゃない?と思います。
お値段まあまあしますし、私も最初は躊躇しましたが、マジで買ってよかったと思っています。それくらい素晴らしい音と性能ですね。

というわけで、もう少し聴き倒してみます。とてもいい商品ですので興味のある方は是非在庫確認して下さい。

Q3は今回、手放しましたが、こちらも価格考えるとかなりよい商品です。

実はKA3はまだ持ってまして、これはこれで音質なかなかです。価格考えるとレベル高いですね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらシェアしてくださいね
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次