さて、今年のマイブームの一つは「プラモデル」でした。
溜まったプラモデルを作らないといけない、というところから始まったのですが・・・

溜まっているのは消費されず・・・途中まで作っていたものを1つ、新規で購入したものを1つほぼ完成させただけに終わりました。
その中で分かったことをいくつか書いてみます。

塗料の種類が以前より随分増えている

「以前」と言っても10年以上前のお話ですが・・・
塗料と言えば「タミヤ」と「グンゼ(現クレオス)」しか知りませんでした。
タミヤは「エナメルカラー」(エナメル系)と「タミヤカラー」(アクリル系)を提供しており、クレオスは「Mr.カラー」(シンナー系)と「Mr.水性カラー」(アクリル系)を提供しています。
ところが、今回調べてみると「ガイアカラー」「ファレボ」など、国産・海外産合わせると4〜5種類塗料が増えています。
とりあえず「ガイアカラー」は購入してみました。まだ使っていませんので使ったら使用感を改めてアップします。

エアブラシは必須かも

ドップリ突っ込んだきっかけはエアブラシの購入でした。
とうとうエアブラシを購入してみた | OpenMediaLaboratory /Webサイト構築, iPhone, iPad, Mac,WordPressなど、IT系の話題を
筆塗りよりもキレイに仕上がるのがエアブラシですが、ここまで違うのか、というくらい変わりますね。
初心者はなかなか購入しにくい価格帯ですが、初心者ほど購入した方がいいアイテムだと思います。
塗装がキレイに出来るとモチベーションも上がります。

工具はとても大事

今回、工具もまあまあ揃えました。
ニッパーとピンセット、塗装筆は特に使いやすそうなものを追加で購入しました。
その中でもニッパーは切れ味がよいものがいいですね。切った後の処理が非常に楽です。
エッチングパーツを付けるのにあると便利な道具類 | OpenMediaLaboratory /Webサイト構築, iPhone, iPad, Mac,WordPressなど、IT系の話題を

エッチングパーツって凄い

また、エッチングパーツというものの存在を知ったのも今回が初めてです。
艦船模型では多く使われているようですが、今まで艦船模型は作ったことがなく、今回初めて知りました。
使ってみると、ディテールが際立って、かなり緻密に見えます。
確かに接着にはすごく気を遣い、ピンセットを必死になって操るしかないのですが、仕上がりを見るとそんな大変さも吹き飛ぶ感じです。
1/700 日本戦艦大和とエッチングパーツが到着。エッチングパーツの凄さに感嘆しつつ感動してるところ | OpenMediaLaboratory /Webサイト構築, iPhone, iPad, Mac,WordPressなど、IT系の話題を
他にも模型雑誌などが充実していたり、いろいろと思うところがありました。
だけど、いちばん気になるのは、自分がとても不器用になっていること・・・
もっと手先を動かして、器用さを取り戻します・・・
売れてます!評判もいいです!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください