台風の進路予想、気象庁だけをチェックしている人が多いかと思いますが、実はいろいろなところが様々な手法でチェックをしています。
最近のトレンド?は「スーパーコンピュータによる解析に基づく進路予想」ではないでしょうか。
先日ご紹介した「Windy.com(旧Windyty)」ではそういったスーパーコンピュータによる2つの解析内容を比較することが出来ます。

2つの解析内容、「ECWMF」と「GFS」って何?

2つの解析内容、それは「ECWMF」という機関が解析したものと「GFS」という機関が解析したものです。
「ECWMF」とは「ヨーロッパ中期予報センター」のことです。
その名の通り、主に天候の中期予報を行っています、いわゆる「研究機関」です。
なので、最新の様々な技術屋手法を開発し、それらを使って解析、予報しています。
「GFS」とは「国際環境予測センター」のことです。
こちらはアメリカを中心に、主にスーパーコンピュータによる解析データを使って予想しています。
どちらもデータや予想天気図が閲覧できるサイトはあるのですが、結構分かりにくいです。。。。

「Windy.com(旧Windyty)」で分かりやすく両方の予想を比較できる

そこで「Windy.com(旧Windyty)」です。
早速画面を見てもらいます。
※今回はクリックすると大きな画像が閲覧できます。
windyty001
画面の右下の方にそれぞれボタンがあります。
デフォルトは通常「ECWMF」での予報です。
では2つを比較してみましょう。今日、2016年9月16日現在、日本に近付きつつある台風16号の進路予想データを使ってみます。
なお、キャプチャーしたのは2016年9月15日 6:06です。
9月20日18時の台風16号予想位置/ECWMF版
windyty002
9月20日18時の台風16号予想位置/GFS版
windyty003
結構違いますよね・・・
なので、いくつかのデータを比較することはとても大事です。
先日書いた台風予想サイトに関する記事もチェックしてみてください。
https://hobbyfields.com/11165
2016年は台風の上陸が多くなりそうです。というか、既に多いですし、被害も出ています。
事前に万全の準備をしておきましょう。

地震・台風・土砂災害・洪水から家族を自分で守る防災完全マニュアル

地震・台風・土砂災害・洪水から家族を自分で守る防災完全マニュアル

河野 太郎
858円(11/26 01:34時点)
発売日: 2016/09/16
Amazonの情報を掲載しています

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください