世間のアクアリウムのイメージを考えると「高い」「金持ちの趣味」「面倒臭い」ではないかと思います。実際、私も始めるまではそう思っていました。
でも、思ってたよりも全然お金はかからないのです。その辺りを最初に簡単にまとめたいと思います。

※2015年12月29日改訂
DSC00030

とりあえず必要なモノって何でしょう?

まず、アクアリウム、といっても必要なモノが分からないかも知れません。簡単に分かるのは水槽と底に敷く砂利、くらいでしょうか。
では、実際に始めるに辺り、必要なものをまとめてみます。
一般的な水草水槽・・・水草と熱帯魚を育てる水槽・・・で考えてみたいと思います。
細かい説明は後ほど。
・水槽:60cmサイズくらいの大きいものがベター
・フィルタ:水槽サイズによりますが、出来れば「外部フィルタ」と呼ばれるものがいいでしょう
・底床:買う魚などによりますが、水草を育てるという前提であれば「ソイル」と呼ばれるものにしましょう
・濾材:フィルタの中に入れます。種類がいろいろあります
・ライト:水草を育てるのであればライトは必須です。
・バクテリア剤:実はこれが肝かもしれません。バクテリア剤と呼ばれるものが必要です
・水質安定剤:昔であれば「カルキ抜き」ですが、今は他の成分が入った水質安定剤を使うことが多いです
・ヒーター:冬場はヒーターが必要です。毎年買い換えをお勧めします
・クーラー:夏場はクーラーが必要です。といっても、上から風を送るファンのようなもので結構充分だったりします
・水槽台:代わりになる台でも構いませんが、出来れば水槽台を購入することをお勧めします
おおよそ必要なものはこういったものになります。
あ、もちろん「水草」と「熱帯魚」は買わなければいけません。

予算はだいたいこんな感じ

アクアリウムの場合、最初の器具代金がそれなりに必要です。
しかし、買う場所を選ぶことで費用はだいぶ抑えられます。
私がいつも購入するのはチャームというショップです。熱帯魚関係ではかなり有名なショップで、セールを頻繁にやってます。

水槽

60cm x 30cm x 36cmの標準的な60cm水槽で、セールの時には1,500円くらいで買うことが出来ます。
セールじゃない場合でも3,200〜3,300円くらいで買えるものがあります。
[rakuten]chanet:10007065[/rakuten]

フィルタ

水槽サイズや買う生体でいろいろありますが、一般的な外部フィルタで6,000円くらいです。
ちなみにフィルタには東日本用と西日本用があるものもあります。購入するときは必ず確認してください。
[rakuten]chanet:10256590[/rakuten]
[rakuten]chanet:10026856[/rakuten]

底床

60cmならだいたい10L前後でしょうか。価格はピンキリですが、平均的なものを選んでみました。
また、粒のサイズが異なるソイルを複数敷くととてもいいと思いますので、ノーマルを3L、パウダーを5L、スーパーパウダーを3Lなど、いくつか購入します。
最初は2,500〜3,500円の間で収めるくらいがいいかと思います。
[rakuten]chanet:10105848[/rakuten]
[rakuten]chanet:10105846[/rakuten]
[rakuten]chanet:10105851[/rakuten]

濾材

外部フィルタならフィルタに濾材が付いたものもありますが、最初はバクテリア付きのものを1つは買いましょう。立ち上がりが違います。
ただ、最初はちょっと量を買っておいた方がいいでしょうね。予備も含め、全部で3L分くらいを購入します。
ちなみに外部フィルタによってはスポンジフィルタすら入ってないものもありますので、その場合は専用のスポンジフィルタを買いましょう。
こちらでおおよそ3,000〜4,000円くらいかと思います。
[rakuten]chanet:10037411[/rakuten]
[rakuten]chanet:10119139[/rakuten]

ライト

ライトは一般的なもので構いません。うちは最初、クリップライトでした。
今はスチールラックなので、スチールラックに普通の電球やLED電球を付けています。
水槽の上に形良く付けたい場合はステンレスのライトアームなどが必要ですので、そうなるとライトだけで20,000円くらいかかります。
ちなみにうちの場合はLED電球とプラグが2個ずつで4,000〜5,000円です。
あまり見た目を気にしないのであれば、水槽の上に載せるタイプで2,000〜3,000円くらいです。
但し、最近は水槽用のライトも「LED」化が進んでいます。LEDは高価ですが、水温がライトの熱で上がらないこと、長持ちする、電気代が安い、ということで使われる機会が増えてきました。
[rakuten]chanet:10270505[/rakuten]
※ライトに関する追記
ライトは2015年12月時点で随分とLED化が進んでいます。もうほとんどがLEDと言っても過言ではありません。
私自身はLEDでの水草育成には少し疑問を持っているのですが、それは一般のLEDを使っているからかもしれません。
ちなみにLEDであれば下記辺りになります。
[hamazon_linkshare title=” エーハイム LEDライト 7W 2セット 水槽用照明・LEDライト ” url=”http://click.linksynergy.com/link?id=ryiCUBIaZ34&offerid=329184.54735&type=15&murl=http%3A%2F%2Fwww.shopping-charm.jp%2FItemDetail.aspx%3FitemId%3D54735″ src=”http://www.shopping-charm.jp/pic/547/54735-1.jpg” price=”6930″ cat=” ペット用品 , 魚~~照明 “][/hamazon_linkshare]
[hamazon_linkshare title=” ニッソー LED ライナー600 シルバー ” url=”http://click.linksynergy.com/link?id=ryiCUBIaZ34&offerid=329184.274525&type=15&murl=http%3A%2F%2Fwww.shopping-charm.jp%2FItemDetail.aspx%3FitemId%3D274525″ src=”http://www.shopping-charm.jp/pic/274/274525-1.jpg” price=”4578″ cat=” ペット用品 , 魚~~照明 “][/hamazon_linkshare]

バクテリア剤

こちらも凝ると結構な金額になります。最初はPSBというバクテリア液と「バクテリアの素」というパウダーで充分です。
PSBが500円くらい。バクテリアの素が1,000円くらいです。
[rakuten]chanet:10040553[/rakuten]
[rakuten]chanet:10025754[/rakuten]

水質安定剤

こちらもピンキリですが、エーハイムの「4in1」というものが安価で使い勝手もいいです。
最初は「4in1」を使ってみて、慣れてきたらいろいろ使ってみるといいかと思います。
500mlで600円くらいであります。
[rakuten]chanet:10008912[/rakuten]

ヒーター

ヒーターは出来れば「ヒーター」部分と「サーモスタット」部分が分かれているものを買いましょう。
水量によってw数は異なりますが、60cmなら150wにしましょう。
150wで2,500〜4,000円とまちまちですが、3,000円前後のもので充分です。
[rakuten]chanet:10254756[/rakuten]

クーラー

水槽用のクーラーは高いので、ファンを使います。2,000円前後でしょうか。
こちらもサーモスタットが付いたものがあります。こちらになると3,000円前後になります。
[hamazon_linkshare title=” テトラ 25℃クールファン CFT-60 水槽用冷却ファン ” url=”http://click.linksynergy.com/link?id=ryiCUBIaZ34&offerid=329184.168986&type=15&murl=http%3A%2F%2Fwww.shopping-charm.jp%2FItemDetail.aspx%3FitemId%3D168986″ src=”http://www.shopping-charm.jp/pic/168/168986-1.jpg” price=”3228″ cat=” ペット用品 , 魚~~保温・保冷器具 “][/hamazon_linkshare]

水槽台

水槽台まで入れると結構な金額になりますが、だいたい60cm用で6,000〜10,000円くらいでしょうか。
[rakuten]chanet:10101592[/rakuten]

初期の器具予算はおおよそ18,000〜25,000円くらい

というわけで、水槽台とライトをどうするかで大きく金額は変わってきますが、おおよそ18,000〜25,000円で何とかなります。
生体・水草などを入れても+5,000〜10,000円くらいではないでしょうか?
入れる生体で大きく変わりますが・・・
なかなか悩む人は下記のようなセットもあります。
[rakuten]chanet:10049099[/rakuten]
これだと後は底床、ライト、バクテリア、水槽台くらいで何とかなります。
最近では水槽台付きのセットも人気です。
[hamazon_linkshare title=” ☆60cmスリムオールガラス水槽 + ガラスフタ + 水槽台 3点セット● ” url=”http://click.linksynergy.com/link?id=ryiCUBIaZ34&offerid=329184.20277&type=15&murl=http%3A%2F%2Fwww.shopping-charm.jp%2FItemDetail.aspx%3FitemId%3D20277″ src=”http://www.shopping-charm.jp/pic/202/20277-1.jpg” price=”12100″ cat=” ペット用品 , 魚~~水槽 “][/hamazon_linkshare]
こちらだと後はフィルタ、ライト、底床、バクテリアくらいで。
この金額を安いと見るか高いと見るか、人それぞれですが、私たちの結論から言えば「安かった」と思っています。
と言っても、私たちは安い水槽(60cmで980円)を探して、フィルタも安い時に買って・・・と、結構セールを活用してきました。
今でも水槽は2,000円くらいまでは下がりますし、フィルタも安いお店を探せばここに掲載した金額よりも安く買えます。
出来ればセールをうまく活用して、出来るだけ安く始めた方がいいでしょう。
その分、生体や水草に投入できます。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください